ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月09日 20時54分 公開

TSMC、熊本での半導体工場建設を正式発表 ソニー子会社が出資 日本政府から「強力な支援」

半導体製造で世界最大手の台湾TSMCが熊本県に製造子会社「JASM」の設立を正式に発表した。ソニーセミコンダクタソリューションズが少数株主として参画。世界的な半導体需要に対応する。

[山川晶之,ITmedia]

 半導体製造で世界最大手の台湾TSMCは11月9日、熊本県に半導体製造を受託する子会社「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing」(JASM)を設立すると発表した。ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)が少数株主として参画。世界的な半導体需要に対応する。

TSMCが出したプレスリリース

 JASMは22、28nmプロセスのファウンドリ(半導体製造工場)を2022年から熊本県で建設。2024年末までの生産開始を目指す。同ファウンドリは1500人の先端技術人材を雇用し、月間生産能力は300mmウェハーで4万5000枚を目指す。

 同ファウンドリ当初の設備投資額は約70億ドル(約8000億円)で、日本政府からの「強力な」支援を受ける前提で検討する。SSSは約5億ドル(約570億円)を資本金として出資。20%未満の株式を取得する予定という。

 TSMCは世界最先端の半導体プロセス技術を持つ企業で、米AppleのSoCをはじめ多くの製品に採用されている。日本では1997年に子会社を設立。2019年にはデザインセンターを設立した他、日本のパートナー企業と協力し、茨城県のTSMC 3DIC研究開発センターで、パッケージング技術の研究を進めているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.