ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月11日 18時40分 公開

男子高校生が最もハマっているスマホゲームは「パズドラ」 リリースから9年も根強い人気

LINEは、高校生のスマートフォンゲーム事情の調査結果を発表。男子高校生がハマっているスマホゲームは、「パズル&ドラゴンズ」が支持者19.3%を獲得し、1位であることが分かった。

[松浦立樹,ITmedia]

 LINEは11月9日、男子高校生が今最も“ハマっている”スマホゲーム第1位はガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ」(19.3%)だとする調査結果を発表した。2位はセガの「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク 」(16.9%)、3位はミクシィの「モンスターストライク」(15.4%)が続いた。

高校生がハマっているスマホゲームランキング上位の結果

 パズル&ドラゴンズは、「パズドラ」の愛称で知られるパズルゲーム。9年前の2012年2月からサービスを始めており、アニメ化や家庭用ゲーム機などのメディアでコンテンツを展開してきた。男子高校生がスマホゲームを選ぶ理由の上位には、「無料で楽しめる」や「飽きずに長く楽しめる」「遊びごたえがある」などがあるとしている。

高校生がスマホゲームを選ぶときに重視していること

 女子高生のランキング上位は、1位がLINEの「LINE:ディズニー ツムツム」が26.1%で全体総合でもトップに、2位は「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク 」(19.8%)、3位がアニプレックスの「ディズニー ツイステッドワンダーランド」(18.0%)となった。4位はCraft Eggの「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」が8.8%で、上位3位に票が集中していることが分かった。

 普段からスマホゲームをどのくらいの頻度で遊ぶかという質問に対しては、高校生全体の55%が「毎日」と回答。性別別でみると、男子高校生は65%、女子高校生は45%が毎日遊ぶと回答。「まったくしない」と答えたのは、全体で16%であった。

高校生がスマホゲームを遊ぶ頻度

 この調査は、LINEユーザーである全国の高校1〜3年生の男女1046人を対象にオンラインで実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.