ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月19日 10時10分 公開

Microsoft、Excel関数ベースのローコード言語「Power Fx」をオープンソースで公開 MS製品以外でも採用可能に

米Microsoftが、Excel関数をベースにしたローコード開発向けのプログラミング言語「Power Fx」をオープンソースで公開。Microsoft製品以外のソフトウェアにも、ローコード開発言語としてPower Fxを採用できるようになった。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「マイクロソフト、Excel関数ベースのローコード言語「Power Fx」をオープンソースで公開。さまざまなソフトウェアでの採用が可能に」(2021年11月19日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 米Microsoftは、Excel関数をベースにしたローコード開発向けのプログラミング言語「Power Fx」の実装をオープンソースで公開しました

 Power FxはMicrosoftにとって初めてのローコード開発向けのプログラミング言語です。

 Power AppsやPower Automate、Power BI、Power Virtual Agentsなどから構成される同社のローコード/ノーコード開発ツール製品群「Power Platform」のロジックの記述に用いられるプログラミング言語として、2021年の3月に発表されました。

 参考:Excelの数式をベースにしたプログラミング言語「Microsoft Power Fx」登場。オープンソースで公開予定。Microsoft Ignite 2021

 Power FxはExcelの関数、例えば文字列の長さを得るLen関数や文字列の一部を取り出すRight関数やLeft関数、条件判定を行うIf関数、条件に合致するデータを取り出すLookup関数などをはじめとする関数をベースにしたプログラミング言語として設計されています。

 Excel関数は21年の2月、Lambda関数の登場によって「チューリング完全」を満たすことがナデラCEOから明らかにされました。すなわち、Excel関数はプログラミング言語と見なすことが事実上可能になったのです。

 MicrosoftはPower Fxを実現するために、Excel関数をチューリング完全にするよう強化してきたといえます。

 参考:Excelの新機能「Lambda関数」によって「Excelの数式がチューリング完全になった」とナデラCEO。プログラミング言語としてのExcel数式であらゆる計算が可能に

 そしてExcelの知識をプログラミングに使えることで、多くの人にとってプログラミングのハードルを下げることにつながります。それがPower Fxのローコード言語として大きな強みでしょう。

Power FxをMicrosoft製品以外でも採用可能に

 今回、Power Fxがオープンソース化されたことで、Microsoft製品以外のソフトウェアにも、ローコード開発言語としてPower Fxを採用できる道が開かれました。実際にPower Fxをホストするサンプルも提供されています。

 ただしオープンソースとして提供されているPower Fxのバージョンはまだ正式版の完成度以前のものと説明されており、今後さらに完成度を高めていく予定となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.