ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年11月19日 13時53分 公開

Instagram、“振って怒りを伝える”機能を米国で提供開始

Instagramは、モバイルアプリで操作がうまくいかないとき、スマートフォン本体を振ることで問題を報告する「Rage Shake」機能を発表した。複数の写真を1つの投稿にまとめた際、投稿後に中の一部を削除する機能も発表した。いずれもまずは米国で提供する。

[ITmedia]

 米Meta(旧Facebook)傘下のInstagramは11月18日(現地時間)、モバイル版Instagramアプリで機能に問題が発生したらスマートフォン本体を振ることで問題を報告する「Rage Shake」(rageは怒り、shakeは振るという意味)機能を米国のAndroidおよびiOSユーザー向けに提供を開始した。Instagramトップのアダム・モッセリ氏がTwitterおよびInstagramのリールで発表した。


 ストーリーズが読み込めなかったり、音声が聞こえなかったり、画像をアップロードできなかったりと、操作がうまくいかない時に、うまくいかない画面を表示したままスマートフォン本体を振ると、画面に「何か問題が起きましたか?」「問題を報告」と表示される。「問題を報告」ボタンをタップすると報告画面になるので、状況をテキスト入力して送信する。

 shake 本体をシェイクする(左)と問題報告カードが表示される(右)

 すぐに対応してもらえるわけではないが、こうした報告は社内でバグ修正の優先順位を決める参考になるとモッセリ氏は語った。

 同氏はまた、1つの投稿に複数の画像をまとめた場合、投稿後でも中の一部を削除する機能も発表した。カルーセル状に表示される写真の中で削除したいものを表示した状態で右上の3点アイコンをタップし、編集を選ぶと削除できる。

 shake 2

 この機能もまずは米国で、こちらはiOSアプリでのみ利用可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.