ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年11月20日 00時05分 公開

ポケモンGOで「コリンク」大量発生、21日に タマゴのふ化距離4分の1、無料レイドパス3枚など

ポケモンGOで21日の午前11時から「コリンク」の「コミュニティ・デイ」イベントが開催されます。金色のコリンクを入手するチャンスです。

[本田亜友子,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で11月21日の午前11時から午後5時まで「コリンク」の「コミュニティ・デイ」イベントが開催されます。コリンクの大量発生は初めて。色違いの金色のコリンクを入手するチャンスです。

 コリンクはシンオウ地方(第4世代)の“せんこうポケモン”。アメ25個で「ルクシオ」、さらにアメ100個で「レントラー」に進化します。イベント当日の午前11時から午後7時までにレントラーへ進化させると、特別な技「サイコファング」(ゲージ技)を覚えます。

色違いの金色のコリンク

 でんきタイプのコリンクは、ゲーム内の天候が「雨」の時にCPや個体値の高い個体が出現しやすくなります。CPが高いと捕獲時にレベル40以上の人は「アメXL」入手の確率が上がります。

 今回のコミュデイではポケモンを博士に送った時に獲得できるアメが3倍、アメXLを獲得できる確率が4倍という特典もあり、効率的にアメが貯められます。事前にポケモンボックスをチェックし、送りたいポケモンをタグ付けなどで分かるようにしておけば当日の作業が短時間で済み、コリンクの捕獲に集中できます。

 この他のイベントボーナスとして、「おこう」「ルアーモジュール」の効果が3時間に、「ふかそうち」に入れたタマゴのかえる距離は4分の1になります。現在、「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」イベントで7kmタマゴから欧州限定の「マネネ」が日本でもふ化するため、コミュデイ時間中にセットすることを忘れずに。

 今回は追加のイベント特典もあります。ポケモンGOを運営する米Nianticは16日、イベント時間から終了2時間後まで、1)無料のレイドパスを最大3枚配布、2)ポケモン交換に必要な「ほしのすな」が25%少なくなると発表しました。なお無料レイドパスは同時に複数所持することはできません。1枚使った後にジムのフォトディスクを回すと次のレイドパスが受け取れるので、こちらもお忘れなく。

 ゲーム内ショップでは、ハイパーボールが30個入ったポックスを無料配布します。また120円のスペシャルリサーチ「せんこうポケモンを解明せよ!」(ロケットレーダーなどがもらえる)や、1280ポケコインのイベント限定「コミュニティデイボックス」も登場。限定ボックスには「すごいわざマシン スペシャル」1個、「おこう」4個、「ほしのかけら」4個、「ハイパーボール」50個が入っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.