ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年12月08日 12時00分 公開

ロビンソン・クルーソー島でテレワーク&社会貢献 レノボが参加者を募集

レノボ・ジャパンが、ロビンソン・クルーソー島でテレワークしながらボランティア活動に参加するプロジェクト「Work For Humankind」を発表。参加者の募集を始めた。

[谷井将人,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは12月7日、ロビンソン・クルーソー島(チリ)でテレワークしながらボランティア活動に参加するプロジェクト「Work For Humankind」を発表した。同日から31日まで募集する。

photo Work For Humankindプロジェクト

 滞在期間は2022年3月1日から4月10日(隔離期間含む)。渡航・宿泊費用はレノボが負担する。滞在中は勤め先のテレワーク業務に加え、週20時間のボランティア活動を必須とする。参加にはビジネス英語スキルと新型コロナウイルスワクチンの2回接種が必要で、書類審査・インタビュー審査も行う。

photo プロジェクトの参加条件

 プロジェクトを通して、レノボはテレワークの可能性を探るとともに、ロビンソン・クルーソー島にITインフラを整備。インターネット回線や同社のデバイス、サービスなどを提供し「テクノロジー・ハブ」を構築する。

 レノボは、10カ国1万5000人以上を対象に実施した意識調査で、回答者の61%が「どこからでも仕事できるなら、地域コミュニティーへの恩返しなど、社会にポジティブな影響を残すのが重要」と回答したことから今回のプロジェクトを企画した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.