ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年12月09日 08時52分 公開

Meta、Facebookにユーザー収益化の「professional mode」と「Stars Store」

Metaは、Facebookのクリエイター向け収益化ツール「professional mode」と「Stars Store」を発表した。professional modeは個人アカウントでページ同様に収益化できるモード、Stars Storeは昨年から提供している投げ銭を購入できるストアだ(いずれも日本での対応は未定)。

[ITmedia]

 米Meta(旧Facebook)は12月8日(現地時間)、クリエイター(クリエイティブなユーザー)の収益化ツール「professional mode」を発表した。プロフィールをこのモードに切り替えると、これまで「Facebookページ」でしか使えなかった収益化機能と「ページインサイト」のようなオーディエンス分析ツールを使えるようになる。

 professional 1 professional modeのインサイトとダッシュボード

 この機能はまずは米国の一部のユーザーに提供し、その後EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)に提供範囲を拡大していくとしている(日本については不明)。

 reels Reels Play bonus program

 収益化ツールの1つは、「Reels Play bonus program」。Metaは9月に米国で、Instagramのショート動画サービス「リール」をFacebookでも投稿できるようにした。ボーナスプログラムは、Facebookに投稿したリールの月間の視聴回数に基づいて報奨金を得られるというもの。最大で3万5000ドル(約400万円)を獲得できる。

 また、昨年から一部地域(日本はまだ)で提供している投げ銭機能「Star」を販売する「Stars Store」も開設すると7日に発表した。Starはクリエイターのライブコンテンツに投げ銭する機能だが、従来はコンテンツ視聴中にしか入手できなかった。これが、専用ストアでFacebook Payを介して購入できるようになる。また、ニュースフィードやゲームタブの動画などでも投げ銭できるようになる。

 なお、ユーザーアカウントをprofessional modeに切り替えると、投稿したすべてのコンテンツが公開され、誰でもフォローできるようになってしまう。特定の投稿の公開設定を制限することは可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.