ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年12月16日 12時35分 公開

回線解約後もキャリアメールの継続利用が可能に 携帯大手3社が対応

携帯大手3社が、通信事業者を乗り換えたユーザーでもキャリアメールのアドレスを継続利用できるようにする「メール持ち運びサービス」を年内に始める。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモとKDDIは12月15日、他の通信事業社に乗り替えたユーザーが、それまでのキャリアメールアドレスを継続利用できる「メール持ち運び」サービスを始めると発表した。ソフトバンクもITmedia NEWSの取材に対し「年内に始める予定」と回答した。

photo ドコモメールお持ち運びサービス

 ドコモは「ドコモメール持ち運びサービス」として16日にスタート。KDDIは「auメール持ち運びサービス」として20日に提供を始める。ユーザーは、MNP転出や解約などで他通信事業者に乗り換えても「@docomo.ne.jp」「@au.com/@ezweb.ne.jp」などのアドレスを引き続き利用できる。

 利用料はいずれも月額330円(税込)。回線契約の解約後31日以内に専用サイトなどで申し込む必要がある。ソフトバンクは提供開始日、利用料について「詳細は後日発表する」としている。

photo auメールお持ち運びサービス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.