ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2022年01月12日 10時44分 公開

「ロックイン新宿」3月閉店へ 「飲食店同様、苦労していた」と山野楽器 SNSには惜しむ声続々

山野楽器は11日、新宿にある大型店舗「ロックイン新宿」を3月13日をもって閉店すると発表した。移転やリニューアル等の予定はない。

[ITmedia]

 山野楽器は1月11日、新宿にある大型店舗「ロックイン新宿」(東京都新宿区)を3月13日をもって閉店すると発表した。利用者になるべく迷惑をかけないよう2カ月前に告知したという。

「ロックイン新宿」(公式Webサイトより)

 移転やリニューアル等の予定はない。山野楽器は「営業終了はコロナ禍だけの事情ではないが、長期に渡って新宿地区の人出が少ない時期もあり、他の小売店や飲食店同様、苦労していた」と話している。

 ロックイン新宿はギターやドラムの専門フロアを持つ大型楽器店。4つのフロアに常時1500本以上のギターやベースをそろえ、ドラムフロアは試打室も完備している。東京メトロ「新宿三丁目」駅から徒歩1分というアクセスの良さもあり、多くの音楽好きから支持されてきた。

 閉店の発表を受け、Twitterでは「とても残念です」「初めてギター買ったのがココだったので寂しい」など閉店を惜しむ声が多く上がっている。中でも充実した品ぞろえを誇っていたドラムフロアの利用者からは「これからどこへ行けばいいのか」「まとめ買いしなければ」という切実な声も聞かれた。

 山野楽器は「当社としても大変残念。残った店舗でこれまで通り支持してもらえる店作りに努めていきたい」としている。

 山野楽器は1892年(明治25年)創業の老舗音楽専門店。ピアノやギター、管楽器など楽器全般を扱い、テイラーギターやリッケンバッカーなど海外楽器ブランドの国内総代理店も務めている。

利用者に向けた告知。なるべく迷惑をかけないよう早めに告知したという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.