ITmedia NEWS > ネットの話題 >
セキュリティ・ホットトピックス
ニュース
» 2022年06月23日 17時20分 公開

「尼崎のUSBメモリ」? メルカリに複数出品、いたずらか 45万円など

兵庫県尼崎市で起きた、業務委託先関係社員による同市市民46万人分の個人情報入りUSBメモリ紛失事件。この件をからかうかのような出品がメルカリで見つかった。

[谷井将人,ITmedia]

 兵庫県尼崎市で起きた、業務委託先関係社員による同市市民46万人分の個人情報入りUSBメモリ紛失事件。この件をからかうかのような出品がメルカリで見つかった。

photo 45万円越えのUSBメモリ(商品は午後5時までに削除済み)

 出品タイトルは「尼崎のUSBメモリ」。ITmedia NEWS編集部では2件確認した。価格は高いもので約45万円。商品説明欄には「パスワードを忘れて開けない」「データを入れたままだが初期化すれば使える」「Les choses sur cette page sont fictives」(フランス語で「このページの内容は架空のものです」)といった説明がある。

 実際に拾得したものであればメルカリの規約(拾得物の出品)に違反する。実際に拾得していない場合も虚偽の商品説明に当たり、同社が利用停止や捜査機関への通報などを行う可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.