ITmedia NEWS > セキュリティ >
セキュリティ・ホットトピックス
調査リポート
» 2022年06月24日 11時18分 公開

「テレワーク中にUSBメモリや書類なくした」経験者は52.2% 会社に報告した割合は? MAMORIO調査

テレワーク中にUSBメモリや書類をなくしたことがある人はどれくらいいるのか──MAMORIOがこんな調査結果を発表した。調査対象のうち、52.2%がリモートワーク中に物をなくしたり、置き忘れたりしたことがあるという。

[ITmedia]

 テレワーク中にUSBメモリや書類をなくしたことがある人はどれくらいいるのか──忘れ物タグ「MAMORIO」を提供するMAMORIOがこんな調査結果を発表した。調査対象のうち、52.2%がテレワーク中に物をなくしたり、置き忘れたりしたことがあるという。

 物をなくしたときの詳細を聞いたところ「カフェで資料が入ったスマホを忘れた。自宅に帰って気付き、すぐにお店に連絡。その日のうちに取りに行って事なきを得た」「テレワークのために会社のPCを持ち帰ろうと思ったら、備え付けのUSBメモリがなくて大問題になった」などの回答があった。

 テレワーク中になくし物をした経験がある人に、その後の対応を聞いたところ「会社に報告しなかった」(13%)、「置き忘れや紛失物が見つからなかった」(7.4%)などの回答があった。中には「行きつけのカフェでテレワークした後、会社に戻るとUSBメモリをなくしたことに気付いた。特に重要な機密はなかったので会社に報告はしなかった」などの答えもあったという。

 調査は6月17日から20日にかけて実施。全国に住む20代から60代の男女200人に、ネット上でアンケートを取った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.