ITmedia NEWS > ネットの話題 >
セキュリティ・ホットトピックス
ニュース
» 2022年08月05日 17時40分 公開

転売チケットのトラブル増加 「公式と勘違い」「入場できない」……国民生活センターが注意喚起

ライブなど興業チケットのネット転売に関する相談が増加傾向。「転売サイトと気づかず、高額なチケットを購入してしまった」「SNSで知り合った人にチケット代金を振り込んだが、連絡が取れなくなった」など。

[ITmedia]

 ライブなど興業チケットのネット転売に関する相談が増加傾向にあるとし、国民生活センターが注意を呼び掛けている。「転売サイトと気づかず、高額なチケットを購入してしまった」「SNSで知り合った人にチケット代金を振り込んだが、連絡が取れなくなった」などの相談が寄せられている。

 コロナ禍の2020年以降、興業イベントは中止や延期が続いていたが、徐々に回復しつつある。これに伴い、転売チケットに関する相談も増えているという。

画像 国民生活センターの注意喚起
画像

 転売仲介サイトが検索結果の上部に表示され、公式販売サイトと誤認させたり、チケットの残り枚数や制限時間のカウントダウンが表示され、購入を急かす――といったことが、被害を拡大させているとみている。

 また、SNSで知り合った個人にライブチケット代金を振り込んだ後、連絡が取れなくなったという相談も受けているという。

 同センターは、チケットは公式の販売サイトから購入すること、転売仲介サイトを利用する場合は、購入するチケットの転売が禁止されてないか確認することなどを呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.