ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年10月20日 13時30分 公開

pixiv、AIイラスト急増で機能改修 検索フィルター、専用ランキングなど実装へ

ピクシブが「pixiv」を、AI生成作品と人間の作品をすみ分けできるよう機能改修すると発表した。10月下旬に、検索時のフィルタリングやAI生成作品限定のランキング機能などを追加する。

[ITmedia]

 ピクシブは10月20日、イラスト・小説投稿サービス「pixiv」において、AI生成作品と人間の作品をすみ分けできるよう機能改修すると発表した。10月下旬に、検索時のフィルタリングやAI生成作品限定のランキング機能などを追加する。

photo

 追加するのは、投稿時にAI生成作品であると設定できる機能、検索時にAI生成作品をフィルタリングする機能、既存のランキングとAI生成作品限定ランキングの分離機能。機能や利用規約、ガイドラインは必要に応じて見直しや変更を続けるとしている。

 AI生成作品の扱いについてピクシブは「創作過程におけるAI技術の利用がより普及していくと捉えており、AIが関与した成果物の完全な排斥は考えていない」との立場を表明している。

 一方「技術の急激な発展により、その利用方法に関してさまざまな議論や不安があり、倫理や規定といったものが追い付いていない」との課題もあるという。

 pixivには画像生成AI「Novel AI Diffusion」で作った作品が数千件規模で投稿されており、Twitterでは「pixivの新着投稿がAIだらけ」「AIイラストで埋もれて人間の絵が探しづらい」など不満の声を上げるユーザーも見られた。

 ピクシブは「創作コミュニティーと技術が、うまく共存できる道を模索する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.