ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2022年10月21日 12時36分 公開

「電気代、来春2000〜3000円の上昇を想定」 西村経産相が発言

「電気代は2023年の春に、2000〜3000円の上昇が想定される」──西村康稔経済産業相は、閣議後記者会見にてこのような見解を話した。

[松浦立樹ITmedia]

 「電気代は2023年の春に、2000〜3000円の上昇が想定される」──西村康稔経済産業相は10月21日、閣議後記者会見にてこのような見解を話した。各社によって調整費などが異なるため一律ではないとしつつ、「機械的に計算した結果」と説明している。

西村康稔経済産業相

 電力料金の負担軽減対策については、詳細を詰める作業を行っている段階という。西村経産相は「電気料金の請求システムを利用し、毎月の電気料金の請求から直接的かつ、負担軽減を実感できる形を検討している」とし、「燃料調整費の欄の利用も含めてさまざまな工夫・方策を詰めているところ」と話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.