ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2023年03月06日 11時17分 公開

電気や水がいらない移動式住宅、無印良品が実証実験

MUJI HOUSEは、電気やガス、水道といったインフラに依存しない移動式の住宅を作る実証実験「ゼロ・プロジェクト」を発表した。年内に実証実験を始める。

[ITmedia]

 「無印良品」を展開する良品計画グループのMUJI HOUSE(東京都豊島区)は、電気やガス、水道といったインフラに依存しない移動式の住宅を作る実証実験「ゼロ・プロジェクト」を3月に始める。年内に実証実験を始める。

「ゼロ・プロジェクト」のイメージ画像

 太陽光発電や廃棄物発電などエネルギーを自ら生成する仕組みを備え、効率的に利用することで生活に必要なエネルギーコストを実質ゼロ──将来的にはマイナスを目指すプロジェクト。家を移動式とすることで自然災害のリスクも回避する。

 持続可能な新しい社会システムの実現を目指すU3イノベーションズ(東京都港区)、屋根一体型の太陽光パネルを開発販売するモノクローム(東京都中央区)と連携し、3月中にプロトタイプ(試作ハウス)を開発する。9月から実証実験を始め、12月には一般から参加者を募集する考えだ。

 U3イノベーションズは蓄電池や水処理システム、バイオトイレを備えた住環境の検証施設「オフグリッド・リビングラボ八ヶ岳」(山梨県北杜市)を運営しており、そこで得られた知見をプロジェクトに提供する。

 MUJI HOUSEは2000年にムジ・ネットとして設立。03年から「無印良品の家」を展開し、19年までに282棟の販売実績がある。04年には木造住宅専業メーカーのエヌ・シー・エヌが資本参加した。

家を移動式とすることで自然災害のリスクも回避する
U3イノベーションズは自律分散型水処理システムなどで連携
エネルギーをまかなう蓄電池
排せつ物を微生物の働きにより分解、処理するバイオトイレ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.