ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2023年03月16日 08時31分 公開

GPT-4で確定申告も一発? 「e-TAXに実装したい」河野太郎氏 控除額を自動計算

GPT-4なら、確定申告のための税額計算もラクラク!?――そんなデモを見た河野太郎氏は「e-Taxに実装したい」とコメント。

[岡田有花ITmedia]

 GPT-4なら、確定申告のための税額計算もラクラク――米OpenAIが3月14日(現地時間)に公開した、次世代の大規模自然言語モデル「GPT-4」のデモで、GPT-4に税法と家族構成を読み込ませ、控除額を簡易的に計算するシーンがあった。

 河野太郎デジタル大臣は15日、自身のTwitterでこれに触れ、「e-Taxに実装したい」とコメントした。

画像

 デモでは、「誰もやりたくないが、やらなければならないタスクを行う」方法として、16ページにわたる税法のドキュメントを読み込ませたうえで、家族構成や収入を入力し、税金の控除額を計算さる様子を紹介した。

 このデモを、梶谷健人氏(XR Creative Studio創業者)が「全人類が欲しているやつ」などと動画付きでツイート。河野氏はこれを引用し、「e-Taxに実装したい」とツイートした。

 日本の確定申告も電子化が進んでおり、マイナポータルとe-Taxを使えば、医療費控除額などは自動計算できるようになっている(関連記事:ラクすぎて泣いた! 確定申告の医療費計算、マイナポータルなら“一瞬”で終わる)が、税額を推測するAIは実装されていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.