ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >

三井住友オリジナルの「SMBC-GPT」、NECらと実証実験へ “金融AI”目指す

» 2023年04月11日 11時20分 公開
[ITmedia]

 三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)は4月11日、日本総合研究所、日本電気(NEC)と共同で、AIアシスタントツール「SMBC-GPT」の本格導入に向けた実証実験を開始すると発表した。Microsoftの「Azure OpenAI Service」上に構築する。

 Azure OpenAI Serviceの特徴である、企業に求められるセキュリティやデータ保護を備えながらOpenAIの大規模言語モデルが利用できる環境を生かし、SMBCグループ専用環境上で動作するチャットツールとして、情報が社外に流出しないプロトタイプを構築。従業員のみが利用できるようにする。文書作成、要約、翻訳、ソースコードの生成をSMBC-GPTにチャット形式で質問できる。

 SMBC-GPTは、SMBCグループの独自情報について回答できるようにする他、さらなる回答精度向上に向け、AIモデルの調整・最適化を実施。従業員の幅広いニーズに対応した汎用的なAI学習を実現するためのインフラを整備し、自然言語処理だけでなく、画像処理、音声認識、開発高度化などの分野でも幅広く活用できるよう拡張を予定。

 ユーザーが希望する手続きに対し、従業員がSMBC-GPTを使って迅速な案内ができるツールの開発を進める他、AIが収集・分析した市場動向や外部環境などの情報を活用し、各種企画資料、ユーザーへの情報提供資料の作成をサポート。さまざまな分野で使える「金融AI」に仕上げていくという。

 なお、AIの回答内容の正確性は従業員が判断することを徹底させ、外部AIの利用を禁止していることを改めて社内研修などで周知。一方で、AIに関する規制などの最新動向を踏まえ、社内の規程、ガイドラインを順次見直すとしている。

NECのリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.