パワーエレクトロニクス最前線 特集
ニュース
» 2018年04月02日 07時00分 公開

太陽光:大規模太陽光向けパワコンは1500Vが主流に! 世界のトレンドが見えてきた (2/2)

[廣町公則,BUILT]
前のページへ 1|2       

パワーエレクトロニクスはモジュール式の集中型

 パワーエレクトロニクスジャパンが展示する1500Vパワコンは、3300kW機「HEM」。集中型パワコンだが、内部は8つのモジュールから構成された分散的な回路構成となっている。各モジュールは独立して機能するので故障リスクが小さく、集中型パワコンとしては、トラブル時の売電ロスも最小レベルに抑えられる。

O&Mコストも抑えるパワーエレクトロニクスの集中型パワコン「HEM」

 モジュール交換が容易で、高度な技術を必要としないので、O&Mコストの削減を図ることもできる。さらに、革新的な空冷システムの開発により、IP65等級の耐環境性能を実現しているという。同社パワコンは欧米においてトップクラスのシェアを誇り、1500Vシステムにも豊富な実績を有している。日本にあっても、1500Vパワコンのリーディングカンパニーを目指していく考えだ。

分散型のメリットを追求するファーウェイ

 分散型パワコンの有力メーカーとして知られるファーウェイは、1500V仕様においても分散型の優位性をアピールする。今回、展示されたのは1500V・定格出力62.5kWの新製品「SUN2000-63KTL-JPHO」。幅1075mm×高さ605mm×奥行き310mm・重量77kgと小形軽量であるため、設置場所を問わないのが大きな魅力だ。

ファーウェイは62.5kWの分散型パワコン「SUN2000-63KTL-JPHO」を展示

 1500Vシステムの導入が見込まれる大規模太陽光発電所には、当然、広大な土地が必要となる。しかし日本では、平たんな適地には既に太陽光発電所ができており、今後は山間部など立地制約の大きい土地をターゲットにせざるを得ない。容易に搬入でき、まとまった設置スペースを必要としない分散型パワコンにはメリットがある。2MWメガソーラーの場合なら、同製品32台が分散して設置される。一定のストリングごとに各パワコンで制御するので、仮に1つのパワコンに不具合が生じても、発電システムに与える影響は極めて限定的だ。

分散と集中のメリットを融合させたサングロウ

 サングロウ・ジャパンの1500Vパワコンはユニークだ。今回、発表された「SG111HV」は、定格出力111kWの分散型でありながら、集中型パワコンのメリットも併せもつ。複数のパワコンを発電所各部に分散して設置するのではなく、1カ所にまとめて設置することができるのだ。遠くにある各パワコンから、それぞれに交流ケーブルをひいてくる必要がないので、ケーブル費用も工事費も安くなるという。同社では、これを“バーチャル集中型パワコン”と呼んでいる。

分散型パワコンでありながら集中設置できるサングロウの「SG111HV」

 この方式なら、パワコンの点検や修理・パーツ交換も簡単だ。分散設置のように広い発電所内をあちこち移動することはなく、作業が効率よく行えるので、O&Mコストも抑えられる。もちろん、発電システムを分割制御することで、トラブルの影響を最小化できるという分散型パワコンのメリットはそのままだ。分散型パワコンにも集中型パワコンにも定評がある、サングロウならではのソリューションといえるだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.