ニュース
» 2020年03月02日 15時30分 公開

太陽光:太陽光×蓄電池でスーパーの電力コスト削減、関西電力が実証実験

関西電力は、スーパーの店舗をはじめとした業務用の顧客に対して、太陽光発電と蓄電池を組み合わせて用いるエネルギーマネジメントに関する実証実験を開始する。

[スマートジャパン]

 関西電力は2020年2月17日、スーパーの店舗をはじめとした業務用の顧客に対して、太陽光発電と蓄電池を組み合わせて用いるエネルギーマネジメントに関する実証実験を開始すると発表した。

 同実証実験では、同社の「太陽光発電オンサイトサービス」を契約する、大阪を中心にスーパーマーケット事業を展開しているカノーの店舗に蓄電池を設置し、電気料金の削減効果を検証する。また、VPP(仮想発電所)システム「K-VIPs」により蓄電池制御技術の確認を行い、将来のVPPリソースとしての知見の獲得を図る。

実証のイメージ 出典:関西電力

 太陽光発電と蓄電池を組み合わせたエネルギーマネジメントでは、太陽光発電由来の電力の余剰分を蓄電池に充電して夜間など他の時間帯に用いることで電気料金を削減できるほか、非常時にも活用できる。また、蓄電池に充電された電気を放電することで顧客のエネルギーリソースを制御し、電力需要パターンを変化させることも可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.