ニュース
» 2020年07月06日 13時00分 公開

蓄電・発電機器:バイオマス発電のCO2を分離回収、三菱重工らが英国で実証へ

三菱重工エンジニアリングと大手電力会社の英Draxは、バイオマス発電所からCO2を回収する実証実験を2020年秋より実施する。

[スマートジャパン]

 三菱重工エンジニアリングと大手電力会社の英Draxは2020年6月24日、バイオマス発電所からCO2を回収する実証実験を2020年秋より実施すると発表した。

CO<sub>2</sub>回収小型モバイル装置 CO2回収小型モバイル装置 出典:三菱重工エンジニアリング

 今回の実証実験は、英Draxがイギリスのノースヨークシャー州に保有するバイオマス発電所にて12カ月間にわたって行われるもので、三菱重工エンジニアリングが一日約300kgのCO2を回収してバイオマス燃焼排ガスへの適用性と性能を確認する。

CO<sub>2</sub>の輸送に用いられる排煙脱硫装置 CO2の輸送に用いられる排煙脱硫装置 出典:英Drax

 同実験には2種類のアミン吸収液「KS-1」および「KS-21」が用いられる予定となっている。KS-1はこれまで三菱重工エンジニアリングが納入したCO2プラントに用いられてきたもので、KS-21は同社と関西電力との共同研究により新たに開発されたもの。KS-21はKS-1と比較して再生効率に優れ、劣化も少ないという。

 英Draxは、バイオマス発電とCO2回収技術を組み合わせたBECCS(Bio Energy with Carbon dioxide Capture and Storage)を導入することで、最大で年間1600万トンのCO2を削減する計画を立てている。2050年までにCO2の排出量を正味ゼロにするというイギリスの政策達成に必要なCO2削減量の3分の1に相当する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.