ニュース
» 2021年09月22日 07時00分 公開

酒造りに太陽光発電を活用、白鶴酒造が自社工場に自家消費システム太陽光

酒造メーカーの白鶴酒造が、自社の生産工場に太陽光発電システムを導入。発電した電力は酒造設備の動力源として自家消費する計画だ。

[スマートジャパン]

 白鶴酒造は2021年9月17日、同社の本店三号工場の屋上に自家消費用の太陽光発電システムを導入すると発表した。同年9月27日からの稼働を予定している

 本店三号工場は、1年を通して酒造りを行う四季醸造工場で、同社が販売する酒造製品の約4割の生産を担っている。

 導入する太陽光発電システムの最大出力は99kWで、年間発電量は約13万2900kWhを見込んでいる。発電した電力は全て酒造設備の動力源として自家消費する計画だ。

自家消費型の太陽光発電システムを導入した本店三号工場 出典:白鶴酒造

 白鶴酒造では2012年7月に完成した灘魚崎工場にも太陽光発電も導入するなど、SDGsの取り組みを強化している。今回の本店三号工場への太陽光発電の導入もその一環となるもので、今後再生可能エネルギーの活用を進め、自然環境と調和した事業を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.