ニュース
» 2021年10月12日 07時00分 公開

関西初の再エネ100%活用の分譲マンション、大京らが販売へ自然エネルギー

大京と関電不動産開発が、大阪府茨木市で建設中の分譲マンション「ライオンズ茨木総持寺ステーショングラン」のマンションギャラリーを開設。専有部および共用部で使用する電気を実質的に100%再生可能エネルギーで賄う、関西初の単独分譲マンションになるという。

[スマートジャパン]

 大京と関電不動産開発は2021年10月9日、大阪府茨木市で建設中の分譲マンション「ライオンズ茨木総持寺ステーショングラン」のマンションギャラリーを開設したと発表した。竣工は2023年2月予定、販売開始は2021年11月上旬を予定している。

「ライオンズ茨木総持寺ステーショングラン」の完成イメージ 出典:大京

 同社によるとこの物件は、専有部および共用部で使用する電気を実質的に100%再生可能エネルギーで賄う、関西初の単独分譲マンションになるという。非化石証書を活用した電力を供給するとともに、高圧一括受電方式により、低圧での個別契約に比べて割安に電力を利用できるとしている。

再エネ電力の供給スキーム 出典:大京

 設備面でも、脱炭素社会への先進機能を備えた物件として、省エネを実現する「ZEH-M Oriented(ゼッチ・マンション・オリエンテッド)」の認証を取得。断熱性能の向上や高効率な設備機器の導入、再生可能エネルギー設備の導入により、家庭のエネルギー消費量を住棟全体で30%以上削減できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.