キーワードを探す
検索

「病気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

トレッタキャッツ(神奈川県藤沢市)は、猫を飼っている全国の20〜69歳の男女500人を対象に「猫の疾患に関する調査」を実施した。猫が泌尿器疾患にかかりやすいことを認識している人は70%に上り、このうち、84.9%が「病気のサインの見分け方が分からない」と回答した。

()

大成建設は、スマートデバイスの内蔵センサーと建物固有の磁場分布を活用することで、無線通信機器を設置することなく、屋内での所在位置を高い精度で特定する位置測位システムを開発した。新システムは、空港や商業施設の誘導案内、医療施設における患者の見守りなど、人の位置情報を可視化し、建物利用者の利便性や安全性を向上させられる。

()

順天堂大学大学院医学研究科 眼科学の猪俣武範准教授らの研究グループは、スマホアプリ「アレルサーチR」によるクラウド型大規模臨床研究を実施。その結果、花粉症患者の特徴、花粉症のある人の特徴や症状の重さに関連する特徴が明らかになってきた。

()

さいたま市教育委員会は、不登校や病気などで長期欠席している市立小中高生に対し、オンライン学習の機会を提供する「不登校等児童生徒支援センター」を4月に開設する。「学ぶ喜びや人とのつながりを実感し、社会的な自立につながれば」としている。

()

大成建設は、「T-Hospital Wireless Viewer」の機能拡張を行い、T-Hospital Wireless Viewerで、病院巡回中の病院スタッフが電波を自動計測し、モバイル端末を利用して病院内外から電波環境を把握できるようにした。さらに、病院内で、T-Hospital Wireless Viewerの試験運用を行った結果、入院患者の生体データといった重要情報を含んだ医療機器の電波を安定させ、送信できないなどのトラブルを未然に防げることを確認した。

()

ケガや病気で就業できない期間には所得補償を、結婚や出産のときには祝い金を、近年ではコロナ罹患者向けに特別給付金を――フリーランスエンジニアの「まさか」や「もしも」に寄り添ってきたPE共済会は、2022年に設立30年を迎えた。

()

DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに応える必要はある。どこから変革に着手し、どう進めるべきか。「アステラス メディカルネット」刷新プロジェクトの事例に学ぶ。

()

血液検査「フォーネスビジュアス」は、少量の血液から約7000種類のタンパク質を一度に測定し、AI技術を組み合わせて、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクを予測する検査法。「コロナ禍で運動不足になって健康データが急激に悪化した人が多い」という。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る