コラム
» 2007年07月23日 11時30分 UPDATE

金融・経済コラム:各政党のなし崩し的ネット活用は誰を利する?

参院選まっただ中、ビジネスの話を少し離れて、選挙でのネット利用のあり方について考えてみました。公職選挙法でネットの利用は認められればいろいろな可能性があると思うのですが。

[保田隆明,ITmedia]

ネット選挙は投票結果を大きく変えうる可能性も

 参院選投票日を前にして、政治関連の話題が各メディアを賑わせています。前回の衆院選の際にも思いましたが、個人的には早くネット選挙の制度を導入して欲しいところです。特に今回のように夏のバカンスにもってこいの週末に選挙日が設定されると、選挙に行きたくとも行けないという方もいるでしょう。期日前投票の制度もありますが、そもそも行くのが面倒という方も多いでしょう。

既存勢力にとっては、ネット選挙は歓迎されざる存在

 便利で投票率アップにつながると思われるネット投票ですが、導入に対して現役議員を中心として大きな抵抗があることは想像にたやすいです。

 ネット選挙を導入すると、今まであまり投票に行かなかった層も投票を行う可能性が高く、それは予想外の結果をもたらす可能性があります。確固たる政治基盤をもとに当選を果たしている議員にしてみると、ネット選挙は不必要でしょう。無駄に敵に塩を送る結果となりかねません。

 従来の選挙では、この票田を押さえることができれば勝ちという、勝つために必要な条件が見えているケースが多いのです。各議員の戦い方もそれを前提としてきました。一方、今まで投票していなかったのに、ネットで投票をする人たちは比較的若く支持政党のない人が多いと思います。どういう公約がこの層にウケるのかは、いざ実施してみないと見えない部分が多分にあり、各候補者にとって不気味な存在となります。

実は敵は本能寺にアリ

 そういう背景もあり、ネット投票は保守的な政治家の反対によってなかなか解禁されないのでは? と思っていましたが、今回の参院選、各党がなし崩し的に選挙期間中のネット活用を進めています。選挙運動ではなく、政治活動の一環、など、さまざま言い訳をしているようですが、各政党がネットの重要性を認識し、それにあやかりたいと思っていることが露見されており、次回衆院選以降、さらになし崩し的な動きが加速化すると思われます。

 ブログを大々的に活用していた人が立候補して、物議をかもしながら政治でのネット活用が進んでいくのかと思っていましたが、党首自らが風穴を開ける形になっています。ネット投票導入に反対する現役政治家にとって、敵は党首だったということになります。

やって欲しい候補者同士のネット討論会

 今回は、7月1日に安倍氏と小沢氏による政権公約(マニフェスト)検証大会の形で党首討論が開かれ、ネット配信もされました。普段の国会での討論とは違い、選挙を目前にしたこの党首討論は非常に見ごたえがありました。それぞれの主張、立場もよく理解できました。

 一方、いざ、投票となると、自分の選挙区での話になりますので、党首討論もさることながら、立候補者同士の討論も見てみたいと思うところです。ネットであればこれも可能でしょうし、それこそ、セカンドライフに事務所を構える政治家も出たぐらいですので、何か面白いことを次回衆院選では見てみたいと思います。

万歳&だるまが過去の遺物になる日が来るか……?

政治と金の関係が今回の選挙では注目されているそうですが、リアルでは事務所も構えずバーチャルでの取り組みだけで、低予算で当選してしまうような候補者が出てくると面白いですよね。だるまに目を入れるのも、Second Life内だけでやり、万歳もアバターだけが行い、当の本人は自宅でプシュッと缶ビールでも開けながら、パソコンに向かっている日が来ますかね?

 Second Life、ビジネスよりも政治に向いているかもしれません。

保田隆明氏のプロフィール

リーマン・ブラザーズ証券、UBS証券にてM&Aアドバイザリー、資金調達案件を担当。2004年春にソーシャルネットワーキングサイト運営会社を起業。同事業譲渡後、ベンチャーキャピタル業に従事。2006年1月よりワクワク経済研究所LLP代表パートナー。現在は、テレビなど各種メディアで株式・経済・金融に関するコメンテーターとして活動。著書:『図解 株式市場とM&A』(翔泳社)、『恋する株式投資入門』(青春出版社)、『投資事業組合とは何か』(共著:ダイヤモンド社)、『投資銀行青春白書』(ダイヤモンド社)、『OL涼子の株式ダイアリー―恋もストップ高!』(共著:幻冬舎)、『口コミ2.0〜正直マーケティングのすすめ〜』(共著:明日香出版社)、『M&A時代 企業価値のホントの考え方』(共著:ダイヤモンド社)『なぜ株式投資はもうからないのか』(ソフトバンク新書)。ブログはhttp://wkwk.tv/chou/


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -