ニュース
» 2008年11月18日 20時04分 UPDATE

仕事耕具:おサイフケータイで開閉 ゲストも使えるセキュリティロッカー

コクヨファニチャーは、FeliCaをかざして扉の施錠と解錠ができるオフィスロッカー「ワンタイムIDロッカー」を発売する。

[杉本吏,ITmedia]

 コクヨファニチャーは、FeliCaをかざして扉の施錠と解錠ができるオフィスロッカー「ワンタイムIDロッカー」を、2009年1月1日に発売する。ボックスが4つのセットで、価格は54万9150円。

ts_one2.jpg 4ボックスの「ワンタイムIDロッカー」2つを横に並べたところ

 ワンタイムIDロッカーは、FeliCaを使って扉の施錠と解錠ができるセキュリティロッカー。各ボックスにはFeliCaリーダーとボタンが付いており、扉を閉めてボタンを押してから、FeliCaをかざすとロックできる。解錠の際には同じFeliCaを使用するが、一度開ければ使用した情報はクリアされるため、次に利用する場合には別のFeliCaを使ってもいい。

 FeliCaは事前登録が不要で、Suicaやおサイフケータイも利用できる。来客やフリーアドレスのオフィスなどでも利用しやすく、「複数人で1つのロッカーを共用するような使い方も便利」(コクヨ)。

 電池で稼働するため、設置するための配線工事などは不要。サイズは、外寸が900×450×1020ミリ(幅×奥行き×高さ)、内寸が405×415×465ミリとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -