ニュース
» 2009年04月10日 15時22分 UPDATE

コクヨのオフィスチェア「AGATA/D」がドイツのデザインアワードを受賞

コクヨファニチャーのオフィスチェア「AGATA/D(アガタ デー)」が、日本のオフィスチェアとしては初めて「Universal Design Award 09」を受賞した。

[塙恵子,Business Media 誠]
photo AGATA/D(可動ひじ、ローバック)。価格は6万690円(ひじなし、ローバック)〜8万575円(可動ひじ、ハイバック)

 2004年1月にコクヨファニチャーが発売したオフィスチェア「AGATA/D(アガタ デー)」が、「Universal Design Award 09」を受賞した。

 Universal Design Awardは、ドイツユニバーサルデザイン推進団体「universal design GmbH」とiFデザイン賞の主催団体「iF International Forum Design GmbH」との共催による国際的なユニバーサルデザイン賞で、公平性・柔軟性・安全性・使いやすさ・価格への配慮などを評価する。2回目の開催となる今回は、世界18カ国から92点の応募があり、その中から36点が受賞。日本ではAGATA/Dのほか、オムロン ヘルスケアのデジタル自動血圧計「HEM-7301-IT」「HEM-7300」と生体情報モニタ「HBP-T105」、富士通iアプリ「ColorAttendant」、TOTOの紙巻器一体型「天然木手すり」、自動水栓「アクアオート・エコ」などが選ばれた。

 AGATA/Dは、日本のオフィスチェアとしては初めてUniversal Design Awardを受賞した。「背もたれの裏側に設けたレバーを上下に動かして、背もたれのサポート感の強弱を簡単に調節できる機能性と、ワークスペースだけではなくプライベートスペースなどに調和する優れた造形性を備えたオフィスチェアとして高く評価された」(コクヨファニチャー)としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ