ニュース
» 2009年10月19日 17時10分 UPDATE

仕事耕具:接続するとヘッドライト点灯 “ミニクーパー”型USBメモリに新モデル

グリーンハウスは、MINI CooperをデザインしたUSBメモリの新製品として、グリーン、ブラック、アイボリーの3色とMINI誕生50周年特別モデルを追加する。

[塙恵子,Business Media 誠]

 グリーンハウスは、MINI Cooper(以下、MINI)をデザインしたUSBメモリの新製品として、グリーン、ブラック、アイボリーとMINI誕生50周年特別モデルを追加する。10月下旬より順次発売、価格はオープンプライスで、実勢価格は6980円。

 BMWのライセンスを受けて生産された「世界で唯一」というMINI型USBメモリ。ラインアップには、グリーン/ブラック/アイボリーの3色に加え、1959年8月26日に、最初のMINIが誕生してから50周年を迎えたことを記念した特別モデルを用意する。

photophoto グリーン、ブラック、アイボリー(左)と、50周年特別モデル(右)

 サイズは70×30×30ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは約20グラム。車体の後部にUSB端子を搭載しており、スライドコネクタでハッチ内部にコネクタを収納可能。「通常時はMINIのレプリカとして楽しめる」(グリーンハウス)。

 ウィンドウ部分を透明にしたほか、タイヤが回転するなど細かな部分にもこだわった。PC接続時には、ヘッドライトが点灯または点滅する仕掛けも備えている。

 メモリの容量は4Gバイト。インタフェースはUSB2.0で、Windows 2000/XP/Vista/7、Mac OS X 10.1.3以降で利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -