ニュース
» 2010年01月29日 12時40分 UPDATE

輝度3000ルーメン、約1.5キロのDLPプロジェクタ

オーエスとオーエスプラスeは、Optoma製のDLP方式プロジェクタ「EP7155i」と「EP1691i」を発売する。輝度は3000ルーメン、出力解像度はEP7155iがXGA(1024×768)、EP1691iがWXGA(1280×800)に対応する。

[塙恵子,Business Media 誠]

 オーエスとオーエスプラスeは、Optoma製のDLP方式プロジェクタ「EP7155i」と「EP1691i」を2月8日に発売する。価格はオープンで、市場想定売価はEP7155iが9万円前後、EP1691iが11万円前後。

photophoto

 220×178×71ミリ(幅×奥行き×高さ)、1450グラムのモバイルプロジェクタ。輝度は3000ルーメン、コントラスト比は2500対1。出力解像度は、EP7155iがXGA(1024×768)、EP1691iがWXGA(1280×800)に対応する。

 EP7155iは1.5〜12メートルの距離から33.55〜310.82インチ、EP1691iは1.5〜10メートルの距離から39.13〜300インチの映像の投影が可能。インタフェースとしてHDMI/Sビデオ/USB端子などを備える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -