ニュース
» 2012年11月05日 13時20分 UPDATE

日・英・中・韓の4カ国語に対応:コピー機感覚で書類を機械翻訳、レイアウトは維持したまま――富士ゼロックス

富士ゼロックスは11月5日、複合機でスキャンした書類のレイアウトを維持したまま機械翻訳する法人向けクラウドサービス「スキャン翻訳サービス」を開始した。日、英、中(簡体字、繁体字)、韓の4言語に対応する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 富士ゼロックスは11月5日、複合機でスキャンした書類のレイアウトを維持したまま機械翻訳する法人向けクラウドサービス「スキャン翻訳サービス」を開始した。日、英、中(簡体字、繁体字)、韓の4言語に対応する。

富士ゼロックス スキャン翻訳サービスのイメージ(出典:富士ゼロックス)

 本サービスの最大の特徴は、図や画像のレイアウトを崩すことなく、コピー感覚で翻訳ができること。翻訳方法も原文を訳文に置き換える「置き換え翻訳」、原文に訳文を併記する「ルビ風翻訳」、単語単位を訳文のルビを振る「単語訳」が選べる。翻訳速度はA4サイズ1ページ当たりでおよそ1分で、翻訳が完了するとメールで通知する。

富士ゼロックス富士ゼロックス富士ゼロックス 日本語から英語に翻訳したサンプル

 あくまでも機械翻訳なので、富士ゼロックスでは「この外国語文書に何が書かれているのか」をざっくりと把握したり、母国語が異なる社員同士のコミュニケーションを円滑にしたりするのに役立つとしている。

翻訳精度を上げるユーザー辞書

 翻訳エンジンがクラウド側にあることで、今後の翻訳精度のアップデートも期待できる。また、英語については政治・経済、芸術、医学など9つの専門辞書を標準で搭載する。

 さらに、社内用語や業界用語などはユーザー辞書を作成して対応可能。ユーザー辞書は最大800個(1辞書当たり2万単語まで対応)まで登録できるだけでなく、ほかのユーザーが作成した辞書を共有することも可能だ。既存の辞書ファイル(CSV形式)を取り込むこともできる。

 このほか、PDFやDocuWorks形式で保存された電子文書をPCから直接スキャン翻訳サービスにアップロードし、翻訳ファイルをダウンロードすることも可能だ(対応WebブラウザはWindows版のInternet Expolorer 8/9のみ)。さらに、iOS 5を搭載したiPad/iPad2/新しいiPad/iPhone 4/iPhone 4Sから翻訳結果を閲覧できる。

 なお、スキャン時にはユーザーごとのパスワード認証が要求される。また、翻訳結果を印刷したりダウンロードしたりできるのは、スキャンを実施したユーザーのみなので、「日本人社員のAさんがスキャンして日本語から韓国語に変換した書類を、韓国人社員のBさんがクラウドサーバ上から直接ダウンロードする」といった使い方はできない。

富士ゼロックス富士ゼロックス富士ゼロックス 韓国語から日本語に翻訳したサンプル

 価格は月額1万500円(10ユーザー/同時翻訳処理数1件)から47万2500円(1000ユーザー/同時翻訳処理数30件)。クラウドサーバとの通信にはSSLを使い、翻訳結果保持期間は7日間。対応複合機は別表のとおり。

スキャン翻訳サービス対応複合機

ApeosProt-IV C2270/C3370/C4470/C5570

ApeosProt-IV C2275/C3375/C4475/C5575

DocuCentre-IV C2275/C3375/C4475/C5575


価格表
標準価格 ユーザー数 同時翻訳処理数
1万500円 10ユーザー 1
1万8900円 20ユーザー 1
2万5200円 30ユーザー 1
4万4100円 60ユーザー 2
6万3000円 100ユーザー 3
17万3250円 300ユーザー 9
26万2500円 500ユーザー 15
47万2500円 1000ユーザー 30

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -