コラム
» 2014年10月03日 11時00分 UPDATE

3分LifeHacking:サクッと問題を解決するために覚えておきたい8つの心得

人より優れた問題解決能力があるとするなら、それは元来備わった能力かもしれません。でも、努力すればそのスキルは磨けるのです。

[Kevin Daum(原文/訳:Conyac),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 人生は問題や課題で満ちあふれています。ほとんどの人は生活するうちに、問題を解決したり回避したりする能力が磨かれていきます。

 中でも特に問題解決能力が優れているなら、成功を勝ち取る上で他者より有利といえるでしょう。実際、彼らは仲間うちでリーダーになることが多いはずです。解決できる問題が大きければ大きいほど、より多くのことを達成し、より多くの信頼を得るようになります。

 生まれながらにしてその力が備わっている人もいますが、自分にないからといってガッカリすることはありません。なぜなら、誰でも少しの努力でこの能力を向上させることができます。

 ここでは、問題解決能力の高い人が日ごろ心がけているスキルを8つ挙げていきます。

1. 客観的な立場を取り続ける

 人々が実際にそのプロセスで何が起こっているのか気づいていない場合、問題はよく発生します。「特定の方法」や「特定のゴール」に気を取られ過ぎて、明らかな警告のサインが出ているにもかかわらず無意識のうちに見逃してしまうのです。

 問題解決に優れた人は、プロセスの過程で生じた問題も、別の「新しい問題」として取り組みます。そうすることで、彼らは今までの方法を修正して中途半端に解決するのではなく、その問題に適した方法で解決することができるのです。

2. あらゆる障害をリストアップする

 問題は切り離された状態で生じるわけではありません。その問題を修正しようとして、ほかのプロセスや部署に望まない事象を連鎖的に引き起こしてしまうことがあります。

 問題解決に優れた人は、関連する問題を俯瞰して見ることができ、解決の障害となる可能性のあるすべての潜在的な要因をリストアップしています。その後、包括的な方法で問題にアプローチするため、うまく解決することができるのです。

3. 隠れたチャンスを見つける

 単純な問題の中に大きなチャンスが隠れていることがしばしばあります。当面の問題は、自分たちのシステムや業界のより大きな問題の兆候かもしれません。

 問題解決に優れた人は、そのチャンスを見つける天才でもあります。問題に取り組み修正する前に、外部要因を評価し、困難が生じない未来がないか考えてみましょう。わくわくするような新しいビジネスモデルが発見できるかもしれません。

4. 自己中心的なやり方を打破する

 コミュニケーション不足から生じる問題に苦しむのは、“スタッフの数が多すぎる”ことが問題なのではありません。1つの部署にたった2人のスタッフしかおらず、それぞれ個別に生産的な仕事をしていても、互いの活動をまったく把握していないこともあります。

 問題解決に優れた人は、調整能力にも優れています。彼らは自分のコミュニケーションスキルを使って他人が情報を共有できるよう手助けし、すべての物事がもれなく進むようにします。さらに、個人がそれぞれの役割にとらわれずに協力するよう促し、それぞれの役割を合わせた以上の成果が上がるよう支援するのです。

5. リサーチ内容を創造的な行動に変える

 人々はつい、数字や意見に惑わされてしまいがちです。もちろん、データや先例は重要ですが、行動を起こすことのほうが大切な場合もあります。

 問題解決に優れた人は、これまでに解決策が出ているのなら、そもそもその問題は発生しないことを分かっています。問題を理解するためには十分なリサーチをして、創造性を広げながら、古い問題をよりよく解決するための新しい方法を見つけることが大切です。

6. 分解して模倣する

 多くの問題は、一直線には解決できないものです。

 問題解決に優れた人は、理想的な作業シナリオを思い描くためのビジョンを持ち、望んだ効果を達成する方法論を構築します。もちろん、それをどのように効果的に実装できるかを理解するよう、そのビジョンを明確に表現する必要もあります。

7. 柔軟な考えができる人と働く

 大きな問題に取り組むとき、多くの人は“猫の手も借りたい”と思うかもしれません。しかし、ここで閉鎖的な考えを持ったメンバーをそろえてしまうと、解決が遅れるだけでなく、より大きな問題を引き寄せてしまうこともあります。

 問題解決に優れた人は、最良の結果は、“柔軟な考えができる人たちの集団から出てくる”ことを知っています。問題解決にあたるためのチームメンバーは、自分の枠にとらわれず、不快な場所に飛び込んでいくことが求められます。最終的にこのアプローチは、創造的な新しい解決策とプロセスを明らかにしてくれます。

8. 自我を捨てる

 しばしば素晴らしい問題の解決策は無視されます。なぜなら、リーダーが自分の方法で解決したいと思うからです。

 問題解決に優れた人は、「解決すること」に喜びを感じます。彼らは問題を解決し、みんなを前進させる人ならだれでも歓迎し、評価します。ビジネスでは、解決すべき新しい問題に事欠かないため、誰が評価されるかは気にしないのです。

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ