ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「原因」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原因」に関する情報が集まったページです。

今夜2時間SP「ラジエーションハウス」最終回でも残った「謎の伏線」をどうするのか? 最初から12話構成で見たかった
本田翼の頭痛の原因教えて!(2019/6/24)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(17):
データリンクは生きているのにデータセンターが全断! 原因は?
2019年5月、データセンターのスイッチ障害によってかなり重大な障害が発生した。その障害の原因解析と対策を進める過程で学んだデータセンターの接続方式について解説する。(2019/6/24)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(3):
品質不正の予防に向け、リスク観点で「サプライチェーンの見直し」をせよ
連載3回目となる今回は、品質不正の予防や品質不正が原因でサプライチェーンを寸断しないために、グローバルサプライチェーンリスクマネジメントという考え方を紹介し、各企業において取るべき施策の検討材料を提供します。(2019/6/21)

モビリティサービス:
シーサイドラインの事故原因は「自動運転」ではない
2019年6月1日に発生した新交通システム逆走衝突事故。原因は運行指令システムと制御システム間の通信不良であり、これは有人運転でも起こる。そこで、鉄道の自動運転のしくみと、現時点で判明している範囲で事故の原因、それを踏まえた上での対策について考察する。(2019/6/20)

資本業務提携を解消:
スシローと元気寿司の経営統合が“破談” 別々の道を歩むと決意
「スシロー」などを運営するスシローグローバルホールディングス。元気寿司との経営統合を進めてきたが、“破談”となった。経営戦略の違いなどが鮮明になったことが原因。(2019/6/18)

スピン経済の歩き方:
ちょっと前までチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が、減速した理由
ブームの牽引役などとチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が叩かれている。2018年12月決算は、8年ぶりに赤字。低迷の原因として、米国での閉店や類似店舗の増加などが指摘されているが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/6/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:いまだに信じられているクラウド神話
クラウド移行に失敗したり、想定したような結果が得られず幻滅したりしている企業は多い。その原因となる5つの神話を紹介する。他にOffice 2019のライセンス料削減方法、Linuxメインフレームがお勧めな理由、ディープラーニングツール紹介などの記事をお届けする。(2019/6/11)

シーサイドライン逆走は「システム欠陥」 断線未検知、ブレーキ作動せず 同様事故に懸念も
横浜市の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で無人自動運転の車両が逆走、車止めに衝突して14人が重軽傷を負った事故は8日で発生から1週間。事故は運行制御の回路断線が原因との見方が強まり、システム欠陥も明らかになった。自動運転の路線は全国にあり、同様のトラブルが懸念される中、国は事故原因や実態調査を急ぐ。(2019/6/10)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】スクリーンショットができない
Windows 10では、キーボードの[PrintScreen]キーを押すことで、デスクトップ全体の画面を画像データとして保存できる。しかし[PrintScreen]キーが見つからなかったり、[PrintScreen]キーを押してもスクリーンキャプチャーができなかったりすることもある。その原因と対策をまとめた。(2019/6/7)

なぜ逆走、新交通システム事故 「ゆりかもめ」など全国の路線にもリスク?
二重三重に安全対策が施されたはずの新交通システムで、なぜ逆走事故が起きたのか。何らかのシステム上のトラブルがあった可能性もあり、専門家は「人員輸送の安全の根幹に関わる」と重要視。全国各地の同種路線でもリスクをはらんでおり、徹底的な原因の究明が求められる。(2019/6/3)

川崎19人殺傷「容疑者の部屋にテレビとゲーム機」報道に批判の声 「ゲームが原因とでも言いたいのか」
その一方でPCやスマホ等の情報端末はなく、世間と接点がなかった点を掘り下げる報道も。(2019/5/31)

「チリンチリーン」と呼び鈴を鳴らす猫ちゃんたちの新作CM 記者会見の場でストレスの原因を訴える
バラエティーにも挑戦しました。(2019/5/30)

Excelに逆戻りさせない、SFAの活用術
ExcelとSFAの二重管理はなぜ起こるのか――3つのケースで学ぶ原因と対策
営業施策の管理にSFAとExcelを併用し、結局SFAが定着しないケースは少なからずある。どのような場合にSFAとExcelの二重管理が起きやすいのか、3つのアンチパターンから対策を考える。(2019/5/31)

雨雲レーダーに映り込む「謎の直線」、原因は観測所近くの高層ビル? 気象庁に聞いてみた
Twitterで拡散された「謎の直線」に関する仮説、その真偽はいかに。(2019/5/24)

理由と対処法を整理
DDoS攻撃はなぜ秋に急増するのか? “ゲーマー学生”原因説も
分散型サービス拒否(DDoS)攻撃は秋に急増する傾向があるという。なぜこのような現象が起きるのだろうか。DDoS攻撃の対処法と併せて考える。(2019/5/24)

はやぶさ2降下中止、原因は計器の異常値 予定通り来月にも着地
探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」への着地準備のための降下を中止した問題で、JAXAは22日、高度を測る計器が異常な値を示したことが原因だったと発表した。既に対策を確立しており、6月末にも2回目の着地を目指す計画に変更はないという。(2019/5/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
日本型雇用は“幻想”に過ぎない トヨタ・経団連トップの「終身雇用難しい」発言で露呈 
財界トップが次々に終身雇用の継続困難に言及。人件費負担に企業が耐えられなくなったのが原因。終身雇用は日本の伝統ではないという背景も。(2019/5/22)

医療技術ニュース:
水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を持つことを発見
慶應義塾大学は、水虫の原因である白癬菌を治療する薬「アモロルフィン」「フェンチコナゾール」が、胆道がん細胞の増殖を抑制する効果を発見した。胆道がんの新たな治療薬となる可能性を見出した。(2019/5/21)

開発残酷物語(10):
営業部が発注したシステムを運用部門が受け取り拒否!――ユーザー社内のゴタゴタに巻き込まれた新興システム開発会社の運命
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は、外国人エンジニア同士の感情のもつれが由来のトラブルと、ユーザー企業の営業部門(発注元)と運用部門(納品先)の合意が取れていなかったために納品後1年以上もシステムが塩漬けにされたトラブルの2本立てでお送りします。(2019/5/20)

解決策はあるのか:
コンビニ悩ます「後ろから取る客」の存在 値引きだけでは限界が
新しい商品を買うために棚の後ろから取るお客がいる。悪気はないのだが、食品ロスを生む原因の1つになっている。ローソンの新しい食品ロス対策は成果を出せるだろうか。(2019/5/17)

「あなたはラッキービジターです」不審なポップアップ表示 都教委の採用ページ、改ざんで一時停止
東京都教育委員会の教員採用案内ページが改ざんされ、意図しないサイトに誘導するポップアップが表示される状態になっていたため、同サイトが停止。原因を究明し、安全性を確認次第、再開するとしている。(2019/5/14)

富士フイルム、写真フィルムを3割以上値上げ 原材料など高騰
富士フイルムが、写真フィルム製品の一部を30%以上値上げ。原材料や物流コストの高騰が原因という。(2019/5/10)

連休中の「Azure」障害、原因は「DNSの設定ミス」
米Microsoftが、5月3日(日本時間)早朝に発生した「Microsoft Azure」の障害の原因を発表した。DNSの設定ミスという。(2019/5/9)

Firefoxのアドオンが使えなくなる不具合発生――更新版で対処を
不具合が原因で、一部のユーザーは導入済みのアドオン実行も、新しいアドオンのインストールもできなくなっていた。(2019/5/7)

CIOへの道:
日本郵便の“戦う専務”が指摘――IT業界の「KPI至上主義」「多重下請け構造」が日本を勝てなくしている
先進国の中でもIT活用が遅れている日本。その原因はどこにあるのか――。日本郵便の“戦う専務”鈴木義伯氏とクックパッドの“武闘派情シス部長”中野仁氏が対談で明らかにする。(2019/4/26)

医療技術ニュース:
心臓リンパ管の機能不全が冠動脈のけいれんに関与することを証明
東北大学は、心臓リンパ管の異常が冠動脈のけいれん(冠攣縮)の原因となることを、ブタモデルを用いて証明した。薬剤抵抗性の難治性冠攣縮性狭心症において、心臓リンパ管が新規治療標的となることが期待される。(2019/4/25)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(3):
ΔΣADC内ノイズの概要 ―― 本当に必要なノイズ特性は何かを探ってみる
これまで、アナログ/デジタルコンバーター(以下、ADC)のノイズ特性を、その特長や原因から測定方法や規定方法まで、詳しく説明しました。今回は、これまでに得られた理論的な理解を現実の設計例に当てはめていきます。最終的に「自分の設計に本当に必要なノイズ特性は何か?」という問いの答えに必要な知識を読者に身に付けてもらい、次のアプリケーションでは自信を持ってADCを選択できるようになることが目標です。(2019/4/24)

サプライヤーの「言い訳」も封殺
やはり原因はVMwareだった――VirtualWisdom導入でボトルネックを特定
サイトパフォーマンスに課題を抱えていた企業がVirtualWisdomを導入。遅延の発生箇所を特定することが可能になり、解決に要する時間が減少した。(2019/4/25)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】設定画面で「組織によって管理されています」と表示される理由と消去する方法
Google Chromeバージョン73以降で、メニューや設定画面に「組織によって管理されています」と表示されるという現象が発生しています。筆者の実体験を基に、その原因と対策について説明します。(2019/4/24)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(15):
ひかり電話を契約したらVPNが通信断! 原因は?
2024年のISDNサービス終了を控えて、電話やFAXで使っているISDNを「フレッツ 光ネクスト」の「ひかり電話」へ移行するための試験をした。すると、VPNの通信断という思わぬトラブルに遭遇した。プリミティブな障害である。今回は通信断の原因とひかり電話導入の留意点について紹介したい。(2019/4/22)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」でディスプレイ破損の報告も、米国で予定通り発売へ
Samsungが米国で2019年4月26日に発売する折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のディスプレイが壊れる報告が相次いでいる。Galaxy Fold は「The Verge」や「Bloomberg」「CNBC」など複数のメディア向けに貸し出された。Samsungは「原因を調査する」としつつも、予定通り発売する見込み。(2019/4/19)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」、発売前に問題続出も「予定通り発売」とSamsung
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の発売前レビューで多数のメディアが「壊れた」と報告する中、Samsungは原因を徹底調査し、予定通り4月26日に発売すると語った。(2019/4/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
店舗消滅! 「駅前の光景」が“荒廃”するこれだけの理由
銀行や飲食店が集まる駅前の見慣れた光景が急変しつつある。リアル店舗の消滅によるものだが、その原因とは……?(2019/4/17)

圧倒的なシェア:
「シャボン玉石けん」成功の理由 時流に乗るまで諦めなかった……
新たな市場を開拓し成功した企業を取り上げてきたが、今回は無添加せっけん市場で圧倒的なシェアを築いたシャボン玉石けん(北九州市若松区)を見てみたい。同社は1910年創業。2代目の森田光徳氏は、合成洗剤を製造していたが、個人的に原因不明の湿疹に長年悩まされていた。(アタックスグループ主席コンサルタント・西浦道明)(2019/4/10)

スピン経済の歩き方:
人手不足は本当に「悪」なのか 騙され続ける日本人
人手不足が原因で倒産する企業が増えているようだ。東京商工リサーチのデータをみると、前年度から28.6%も増えて、過去最高を更新している。数字をみると、「人手不足=悪」のように感じるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/9)

半径300メートルのIT:
あらゆる企業が学ぶべき? 「ラブライブ!」公式サイト乗っ取り事件が示す、セキュリティの教訓
2019年4月5日、人気アニメ「ラブライブ!」シリーズの公式サイトが乗っ取られる事件がありました。原因は明らかになっていませんが、この事件から、あらゆる企業にとって“対岸の火事”とはいえないリスクが浮かび上がっています。(2019/4/9)

0.5歩先の未来を作る医療IT
在宅医療・介護の多職種連携支援システム、明らかに便利なのに使われない理由
在宅医療・介護はさまざまな職種がチームを組んでサービスを提供します。しかし多職種間コミュニケーションのための情報共有システムは、あまり普及していません。その原因は、コストとスキルの問題に大別できます。(2019/4/4)

「ラブライブは我々が頂いた!」 人気アニメの公式サイト乗っ取りか 公式「原因究明中」 ドメイン移管された?
人気アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが乗っ取り被害にあっているようだ。(2019/4/5)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(1):
相次ぐ品質不正、その発生原因と検討すべき対応策
品質不正の連鎖は収束する気配を見せません。品質不正は一企業の問題で済むことでなく、産業全体の停滞を招く可能性も十分にあります。本連載では相次ぐ品質不正から見える課題とその処方箋について、事例を交えつつ全7回で解説します。(2019/4/5)

「密接さ」に懸念:
米ボーイング機、半年で2機の墜落事故 FAAと業界の関係にメス
米航空機大手ボーイングの新型旅客機が半年で2機の墜落事故を起こし、「航空王国アメリカ」に対する信頼が揺らいでいる。2件の事故原因は調査中だが、新型機に導入された「MCAS」と呼ばれる失速防止装置が墜落を誘発した可能性が浮上している。ボーイングと米連邦航空局(FAA)は、機体の安全性や新型機の認可の過程に問題はないとしているが、「世界一」を自任する米航空当局と業界との緊密な関係にメスが入ろうとしている。(2019/4/3)

Twitterで「アカウントロック祭り」発生中? Twitter「原因は調査中」
「アカウントロック」がトレンドに入るなど混乱が広がっているようです。(2019/4/2)

「仕事が原因で離婚したい」と思われる夫、1位は「年収1500万円以上」 その理由は?
20〜40代の既婚女性600人に「離婚したくなる夫の仕事」についてリスクモンスターが調査を実施。その結果は?(2019/4/2)

「Googleマップ」に異変!? 「あるはずのない湖」「あったはずのバス停」大混乱
「Googleマップ」に“異変”が生じている。あるはずのない湖が出現し、あったはずのバス停が消えているというのだ。地図情報を提供していた企業との契約変更が原因とされるが、背景には最先端の自動運転が絡む企業間の競争関係を指摘する向きもある。(2019/3/29)

プロジェクトの調整に悩まされないために
アーキテクトと開発者のギャップを埋め、開発をスムーズにするツール4選
どの企業でもソフトウェア開発者とアーキテクトの役割の間にはストレスの原因になる隔たりが生まれることがある。本稿ではそうした隔たりの橋渡しに役立つツールを4つ紹介する。(2019/3/29)

「学校へのスマホの持込み」に保護者の半分以上が反対 明光義塾が小中学生のスマホ事情を調査
「緊急の時の連絡手段に必要」という賛成の声と、「トラブルの原因になる可能性がある」などの反対の声とで意見が分かれています。(2019/3/28)

医療技術ニュース:
ヒトiPS細胞から小児脳腫瘍モデルを作製し、その病態を解明
東京大学と京都大学は、ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた脳腫瘍のモデル作製に成功した。このモデルを解析し、3歳未満の幼児に見られるAT/RTの原因となる特徴を明らかにした。(2019/3/26)

差別発言繰り返していた有名“ネトウヨ”アカウント、世田谷年金事務所の所長と判明 日本年金機構は男性を更迭
個人的な投稿を誤ってTwitterに投稿してしまったことが特定の原因とみられています。(2019/3/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
印鑑廃止、業界団体の反発で見送り これは「異常な光景」なのか?
業務手続きのオンライン化を進める法案が一部見送られた。印鑑業界が猛反発したのが原因。これは果たして「守旧業界の特殊事例」なのか?(2019/3/22)

連結決算の管理もITの力で手軽に確実に
Excel管理は問題あり、でも高価なERP導入は難しい 企業が選べる新たな選択肢は
連結決算を必要とする企業で子会社との連携不足により意図せぬ不適切会計が発生するケースがある。原因の一つは会計情報の人力管理だ。大規模ERP導入により解決するケースもあるが、それが難しい企業もある。企業が取り得る新たな選択肢とは。(2019/3/25)

「堺筋線」を「Sakai Muscle line」と誤訳 大阪メトロ、外国語ページを非公開に
大阪メトロが、公式サイトの外国語ページを非公開に。「堺筋線」を「Sakai Muscle line」などと誤訳していた。自動翻訳ソフトの利用が原因という。(2019/3/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。