連載
» 2017年02月10日 07時30分 UPDATE

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:観光列車の次のブームは廃線かもしれない (1/4)

岐阜県飛騨市、秋田県大館市、宮崎県高千穂町で廃止された鉄道路線を観光に生かす人々が集まり「日本ロストライン協議会」を設立する。鉄道趣味の1分野だった「廃線」が、城巡りに通じる新たな観光資源として注目されている。

[杉山淳一,ITmedia]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』、『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。 日本全国列車旅、達人のとっておき33選』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP


 日本全国の鉄道路線を踏破した「乗り鉄」には、主に5つの進路がある。新線開業のたびにタイトルを保持しつつ、「ロープウェイや遊覧鉄道の制覇にチャレンジする」か、「乗れなかった廃線を訪れる」か、「海外の鉄道に向かう」か、「2週目を始める」か、「他の趣味に移行する」か。もちろん、現役路線に乗りつつ、廃線を巡るという人もいる。

 「廃線巡り」は鉄道趣味の奥深さを示す分野だ。実用面の輸送利用が終わり、観光用途でも維持できなかった鉄道路線が廃止になる。しかし、廃線や廃車両には新たな観光価値が生まれる。産業遺産巡り、廃墟探訪のような楽しさだ。城巡りにも通じる。発見と想像の遊びと言っていい。理屈で語るより、NHKの『ブラタモリ』の面白さと言えば分かりやすい。発見と想像のおもしろさ、旅の本質である。

 私は「乗り鉄」だから現役路線重視だけど、廃線を旅する人は多いし、私も経験がある。20年ほど前に北海道、旧国鉄広尾線の廃線跡を巡った。廃止される前に乗りに行きたかったけど、カネも時間もなかった。それが悔しくて、廃止されて何年も経ってから行ってみた。

旧国鉄広尾線の幸福駅は有名な廃線施設の1つ。近隣の愛国駅と合わせて、「愛国から幸福へ」の片道切符が話題になった。現在も近隣の土産物店できっぷの模造品を販売しており、結婚祝いなどで使われている(出典:flickr、Tzuhsun Hsu氏) 旧国鉄広尾線の幸福駅は有名な廃線施設の1つ。近隣の愛国駅と合わせて、「愛国から幸福へ」の片道切符が話題になった。現在も近隣の土産物店できっぷの模造品を販売しており、結婚祝いなどで使われている(出典:flickr、Tzuhsun Hsu氏

 帯広から広尾まで、鉄道路線に並行する路線バスに乗った。さらに、終点の広尾から路線バスを乗り着いて、建設予定区間の襟裳まで行き、日高本線に乗って石勝線経由で帯広に戻る。翌日はレンタカーを借りて各駅の跡を巡った。幸福駅は今でも観光地だ。ほかにも駅舎や記念碑が残る駅がある。線路ごと畑になってしまった場所もある。かつての賑わいを想像し、線路や鉄橋の痕跡を発見する。探検家になった気分でおもしろかった。

 都内にも廃線跡がある。都電の廃線跡になった歩道を歩いた(関連記事)。きれいに整備されつつ、往時の痕跡が残っていた。大手私鉄では西武鉄道の安比奈線が印象に残っている(関連記事)。安比奈線は当時は廃線ではなく休止線だった。通勤路線として復活し、車両基地を作る計画もあった。しかし構想は進展せず、廃線同然。復活したらどこに駅ができて、電車に乗ったら、どんな車窓だろうと想像した。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集