ニュース
» 2018年05月24日 17時00分 公開

内田前監督と井上コーチへの憤りを露わ:日大アメフトのタックル問題 被害者の父がFacebookで「映像提供」を呼びかけ

日本大学アメリカンフットボール部による「悪質タックル問題」で、被害者選手の父親が5月24日、自身のfacebookを更新。内田前監督の証言の真偽を確かめるべく、映像や画像の提供を呼び掛けた。

[今野大一,ITmedia]

 日本大学アメリカンフットボール部による「悪質タックル問題」で、被害者選手の父親の奥野康俊さんが5月24日、自身のfacebookを更新した。冒頭に「拡散のお願い」とした上で、「試合中のビデオ、動画、写真を撮っていた観客の皆さん、前内田監督が見ているシーン、顔の向きがわかるシーン」などのデータ提供を求めた。

 日大アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチは5月23日に記者会見を実施。内田前監督は、関西学院大学の被害者選手と家族に謝罪はしたものの、加害者である選手への指示など、自身の関与は最後まで否定した。

phot 内田前監督は自身の関与は否定した(日本大学アメリカンフットボール部フェニックス公式Webサイトより)

 この会見を受けて奥野さんは、内田前監督の証言の真偽を確かめるべく、映像や画像の提供をFacebook上で呼びかけている。「これでは宮川君が、可哀想でなりません。酷すぎます。親の立場で我が息子と重ねると宮川君は、加害者ではありますが、指導者2人に対して、体の震えが止まりません」との心境も吐露した。

phot 5月24日16時現在で1万3000件以上のシェアがされている

加害者選手の減刑に関する嘆願書を出す方針

 奥野さんは、「被害届、告訴も含めて内田前監督、井上コーチの2人だけの名前では受理できないと警察から回答を頂いております。そこで、宮川君の減刑、と内田前監督、井上コーチに対する厳重処分の嘆願書も出そうと思います」と、今後の方針も投稿。現在は大阪市議会議員を務めているが、「残りの人生をかけ真剣に、とことん、この問題に向き合う覚悟です」とし、次期の選挙に立候補しない考えも示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -