熱狂の流通業界 生き残りのヒントを探る
ニュース
» 2019年01月12日 06時00分 公開

インスタ映えで大事なこと:「恵方巻味」ポテチが登場 パッケージデザインで考慮した“乙女心” (1/2)

恵方巻味のポテトチップスが期間限定で発売される。開発で特に注力したのはパッケージデザイン。あえて恵方巻のサイズを大きくした背景にある“乙女心”とは。

[昆清徳,ITmedia]

 ローソンは1月22日から「ポテトチップス 恵方巻味」(税込178円)を2週間限定で販売する。この商品は、うまみのある甘じょうゆダレをベースに、酸味を加え、具材をイメージしたしいたけエキスパウダーやウナギエキスパウダーなどを使用している。さらに、焼きノリをトッピングすることで、恵方巻と同様、ノリの風味を取り入れている。

 商品を担当した商品本部菓子アドバイザーの松林千宏さんは「口の中にいれると酢飯のような酸味のあとに、ノリの風味が広がります」と説明した。

 この商品は恵方巻商戦の一環としてローソンが投入するものだが、開発にあたって一番注力したのはパッケージデザイン。インスタ映えも大きな開発のテーマではあるが、特に微妙な“乙女心”に配慮したという。

photo 「ポテトチップス 恵方巻味」を手にする担当者

きっかけはウナギの蒲焼味のポテチ

 恵方巻ポテチを開発するきっかけになったのは、18年7月にローソン限定で発売した「カルビー ポテトチップス うなぎの蒲焼味」(173円)がヒットしたことだ。コンビニにとって、クリスマスや土用の丑の日は売り上げアップが見込める大事な催事イベントとなる。

 松林さんによると、コンビニでは年間3000種類以上のお菓子が新商品として投入されるが、ヒットするのはそれほど多くない。どうやってお菓子をお客の手に取ってもらうかということに、ローソンでは頭を悩ませてきた。そこで、土用の丑の日にあわせて、蒲焼ポテチを投入したという背景がある。

 蒲焼ポテチの成功を受けて、19年には恵方巻ポテチの投入を決めた。ターゲットを恵方巻にしたのは、近年、恵方巻が多様化しているためだという。例えば、ホテルで高級な具材を使った恵方巻メニューが提供されたり、恵方巻を意識したスイーツが続々と発売されたりしている。お客に、恵方巻だけでなく関連する商品もついでに面白がって手にしてもらう狙いがある。

photo 「カルビー ポテトチップス うなぎの蒲焼味」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -