ニュース
» 2007年07月03日 17時44分 UPDATE

外出先でCGがサクサク動く――デルの高性能モバイルワークステーション

デルは、CADやCGなどの高精細画像データの描画が可能な高性能モバイルワークステーションを発売した。

[ITmedia]

 デルは7月3日、CADやCGなどの高精細画像データの描画処理に対応したノート型モバイル・ワークステーション「Dell Precision M4300」を発売した。

m4300.jpg Dell Precision M4300

 M4300は、主要ISVのアプリケーション使用に最適化されたOpenGLのワークステーション向け高性能グラフィックスエンジンを搭載する。CPUにインテル Core 2 Duoプロセッサ、またモバイル インテルPM 965 Expressチップセット、NVIDIAのQuadro NVS 360Mグラフィックスカードを採用しており、デスクトップ機に匹敵するワークステーション性能をノートサイズで実現した。

 ディスプレイには、購入時にWXGA、WUXGA、WSXGA+から表示サイズを選択できる15.4インチのワイド液晶を採用。通信インタフェースは、数百Mbpsの高速通信が可能な次世代無線LAN技術のドラフト802.11n、周辺機器との接続を容易にするBluetooth 2.0をサポートする。またTPMセキュリティチップも内蔵し、HDDの暗号化など情報漏えいなど対策も行える。

 本体サイズは、W361×D263×H35ミリメートル、重量は2.8キログラム(WXGAディスプレイ、6セルバッテリ搭載時)〜で、デスクトップ型ワークステーションからノート型へのリプレースメントや外出先でCADやCGを使ったプレゼンテーションなどに最適だという。

 オンライン価格は23万1525円(税込み、最小構成の場合)からとなっている。また、OSに「Red Hat Enterprise Linux 5」を採用したモデルを2007年末に出荷する予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -