ニュース
» 2008年03月01日 00時00分 UPDATE

Weekly Access Top10:スポーツにOffice製品が一役

野球やサッカーなどスポーツを記録する際に使うスコアブック。「専門知識が必要で難しい」と思う方も多いだろう。これが普段慣れ親しんだOfficeで簡単に書けるという。

[伏見学,ITmedia]

 今週はイーバンク銀行の偽サイトが出現電話とメールで暗証番号を詐取、新手のフィッシング登場といった、一般ユーザーを狙ったフィッシング詐欺の記事が関心を集めた。

 ランキングには入っていないが、マイクロソフトの代表執行役兼COOの樋口泰行氏が4月1日付けで新社長に就任するというニュースが大きな話題を呼んだ。現社長のダレン・ヒューストン氏は、米国本社の新組織であるコンシューマー&オンラインインターナショナルグループ担当のコーポレートバイスプレジデントに就任する。

 そのヒューストン氏も観戦した、ラグビートップリーグの上位4チームによるプレーオフ「マイクロソフトカップ」の決勝戦(三洋電機ワイルドナイツ VS サントリーサンゴリアス)が、2月24日に秩父宮ラグビー場で開催された。マイクロソフトが特別協賛ということもあり、競技場の外には最新ITを体験できる大型トレーラー「ITキャラバン」が設置された。キャラバンには、ビジネス向けの描画ソフトウェア「Microsoft Office Visio」を活用したラグビー用スコアブックテンプレート「Visco For Rugby」が用意され、来場者は当日の試合データを自由に閲覧できた。

会場の敷地内に止められたITキャラバン 会場の敷地内に止められたITキャラバン

 Visco For Rugbyは、アプリケーション会社のマイスターが開発したもの。同社では、野球用とサッカー用のスコアブックも提供している。ラグビー用のみ無償でダウンロードできる。主に紙で管理されているラグビーのスコアブックをデジタル化することで、スコアをつけたことがない人でも記録の保存や分析などが容易になる。「現在までに数百件のダウンロードがあった。実際に活用している大学のラグビーチームもある」(マイクロソフト広報)という。

Visco For RugbyVisco For Rugby Visioをベースにしたラグビー用スコアブック「Visco For Rugby」

なぜラグビーなのか?

 現在マイクロソフトでは、トップリーグにパートナーとして参画などするほか、全国のラグビーフットボール協会やトップリーグ各チームと協力し、少年向けの「キッズラグビースクール」を実施している。過去4年間で40回以上開催し、7000名以上が参加した。

 では、なぜラグビーなのだろうか。眞柄泰利執行役専務は「ラグビーはマイクロソフトのブランディング戦略に合ったスポーツだ。わたしたちの活動を通じてラグビーの文化を日本に普及させたい」と取り組みの理由を述べた。

これで見納め?試合後の交流会で挨拶するヒューストン社長 これで見納め?試合後の交流会で挨拶するヒューストン社長

 活動のメリットについて、眞柄氏は「当社のパートナー企業やユーザーにもラグビーを好きな方が多く、ラグビーがきっかけで仕事のつながりができた。一方、ボランティアで試合の運営を手伝う社員が増えるなど、社内でも交流が活発になった」と意気込んだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -