ニュース
» 2008年03月24日 15時22分 UPDATE

放置自転車とQRコードで新たな広告モデル IT DeSign

QRコードを用いた新たな広告モデルが誕生。IT DeSignはリサイクル自転車とQRコードを結び付けたサービスを発表した。

[ITmedia]

 バイクオフコーポレーションとIT DeSignは3月24日、リサイクルした自転車を大学生に無償で貸し出すサービス「エコチャリ.com」と、QRコードを活用した広告事業で業務提携すると発表した。

 サービス内容は、大学生が無料でレンタルできるリサイクル自転車の側面などに、スポンサー企業のロゴなどデザインしたQRコードのステッカーを貼るもの。携帯電話で読み取ったユーザーを、スポンサー企業のモバイルサイトに誘導する。QRコードを読み取る対象として大学生や通行人などを想定している。

image QRコードを掲載したリサイクル自転車

 大学生向けのサービスを提供する企業や、新卒採用に積極的な地場の企業などを中心に売り込む。リサイクル自転車を広告媒体にすることで、放置自転車の削減や環境問題に取り組む姿を学生にアピールできるという。

image エコチャリ.comのデザインQR

 価格は個別見積もり。QRコードの添付場所や掲載期間、内容によって変わる。

 エコチャリ.com は、全国の大学構内や自治体、商業施設などから放置自転車を譲り受け、リサイクルをして大学生に貸し出すサービス。運営は、大学生が申し込みをするサイトに掲載するバナー広告や、自転車に掲載する「デザインQR」ステッカーの協賛広告の費用でまかなう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -