ニュース
» 2008年06月30日 17時52分 UPDATE

シンガポール・フライヤーに:世界最大の観覧車内に無線LANが導入

全28基の観覧車内で、娯楽放送や緊急情報などが得られるようになった。

[ITmedia]

 データクラフトジャパンは6月30日、世界最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」に、無線LANなどの設備を導入したと発表した。

 同社は無線スイッチとアクセスポイントを導入。乗客は、最大784人を収容する全28基の観覧車内で、娯楽放送や緊急情報を得られるようになった。

 シンガポール・フライヤーは、3階建ての駅舎に建てられた全長165メートルの観覧車。都心やインドネシアのバタム島、ビンタン島などの45キロメートル四方が一望できる。4月15日に稼働を開始した。

 今後は、デジタルサイネージ(電子看板)などのサービスの導入を目指すという。

image シンガポール・フライヤー(出展:Singapore Flyerのホームページより)

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

無線LAN | デジタルサイネージ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -