ニュース
» 2008年08月21日 19時48分 UPDATE

CMSを採用:タイトー、ゲームコンテンツなどを紹介するWebサイトをリニューアル

自社サイトをリニューアルしたタイトー。その構築基盤にはアシストのCMS製品が採用された。サイト全体のデザインを統一できるなどの効果があったという。

[ITmedia]
tsg0821taito.jpg リニューアルしたWebサイト。手前は、スペースインベーダー誕生30周年記念ページ。

 ゲーム・アミューズメント事業を展開するタイトーは、Webサイトの構築基盤としてアシストのコンテンツマネジメントシステム(CMS)製品 「NOREN」を導入した。8月21日にアシストが発表した。NORENでのWebサイト構築は、既存コンテンツの移行を含め3カ月で完了し、7月末にWebサイトをリニューアルした。

 タイトーではこれまで、Webサイトの制作に当たり、コンテンツの作成から公開までを1つの部門が担当していたため、コンテンツの公開に時間がかかっていた。また、事業部門ごとにWebサイトのデザインやナビゲーションが異なっていたという。コンテンツをリアルタイムに更新し、Webサイトのデザインを統一するために、CMS製品を導入した。

 NORENを利用してテンプレートコンポーネント作成することで、Webサイト全体のデザインを統一できた。また公開時の承認経路を見直し、リアルタイムなコンテンツ公開ができるようになったという。

 関連するコンテンツの連携を自動化できる点や、更新作業にHTMLの知識などを必要としないことも、NORENを選んだ理由としている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

CMS | タイトー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ