ニュース
» 2008年08月27日 16時50分 UPDATE

ASTERIAを活用:Salesforceと基幹システムを連携 松下電工ISがアダプタ新製品

松下電工ISは、セールスフォース・ドットコムのCRMサービス「Salesforce」の最新版と基幹システムを連携できるアダプタを10月下旬に発売する。

[ITmedia]
Salesforceと基幹システムの連携が可能に システム連携イメージ

 松下電工インフォメーションシステムズ(松下電工IS)は8月27日、セールスフォース・ドットコムのCRM(顧客関係管理)サービス「Salesforce」の最新版と、基幹システムを連携できるアダプタを10月下旬に発売すると発表した。価格は80万円(税抜き)。

 新製品は「ASTERIA Salesforceアダプタ version1.1」という。関連付けられた複数テーブルに対するクエリ機能、SMTPサーバなしでメールを送信できる機能、自動リトライ機能、セッションの個別管理機能を新たに追加した。

 ASTERIA Salesforceアダプタは、大規模なプログラムの開発をすることなく、Salesforceと基幹システムを連携して顧客管理ができるツール。インフォテリアのデータ連携ミドルウェア「ASTERIA」のコンポーネントとして松下電工ISが開発した。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -