連載
» 2008年09月02日 07時31分 UPDATE

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:ren(rename)――ファイル名の変更

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はrenだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

ren(rename)――ファイル名の変更

UNIX/Linuxでは「mv」

 moveコマンドはファイル名とフォルダ名の両方を変更できるが、renameはファイル名のみである。しかし、moveでは使えなかったワイルドカードが利用できるので、一括して拡張子を変更したい場合などに便利である。

オプション 使用例 詳細
現ファイル名 新ファイル名 ren sample*.txt *.doc 現ファイル名を新ファイル名に変更する

Open Command Window Here

 コマンドラインの方が便利なことは多いが、cd(chdir)コマンドを使ってカレントフォルダを変更していくのは意外と骨が折れる。特にフォルダ名に漢字など2バイト文字を使っていたり、半角スペースが含まれていたりする場合は面倒だ。moveコマンドの記事でTipsとして紹介した「コマンドラインでの入力補完」機能を使っても面倒なことに変わりはない。そこでお勧めしたいのがMicrosoft Power Toys for Windows XPに含まれる「Open Command Window Here」というMicrosoft純正のツールだ。これは、フォルダの右クリックメニューに「CMD Prompt Here」という項目を追加するもので、この項目を選ぶと、指定したフォルダ以下で、すぐにコマンドラインが利用できるようになる。なお、このツールは英語版だが日本語Windows XPでも利用可能だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -