ニュース
» 2008年09月04日 19時43分 UPDATE

IT全般統制の実現へ:ニチレイグループ、アクセス管理ツールをサーバ33台に順次適用

アシストのアクセス管理ツール「CA Access Control」を採用し、情報漏えいや不正アクセスを防止する。

[ITmedia]

 アシストは9月4日、冷凍食品の生産販売を手掛けるニチレイグループが、同社のアクセス管理ツール「CA Access Control」を採用したと発表した。

 ニチレイグループは、日本版SOX法への対応に向け、IT全般統制の整備を進めている。CA Access Controlを導入することで、サーバの運用管理者や開発者が特権ユーザーIDでログインして作業をする際に、セキュリティポリシーの順守を徹底させるのが狙いだ。12月末までに主要なサーバ33台に順次適用していくとしている。

 CA Access Controlは、サーバ上のファイルやプログラムに対し、誰が、いつ、どのようにアクセスできるかといったポリシーを設定し、役職や職務に応じたアクセス権限を付与するツール。rootやAdministratorといった特権ユーザーIDにも対応する。あらゆるアクセスログを取得できるため、不正アクセスや情報漏えいの防止に寄与するという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -