連載
» 2008年09月09日 08時00分 UPDATE

UNIX処方箋:電源投入時にdiagが実行される設定の解除(ALOMの設定)

現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、サーバをリモート管理するための機構である「ALOM」での診断モードを回避する方法について解説します。

[ITmedia]
80x80_1_solaris.jpg

過去に利用していたサーバ(SUN Ultra 10、Solaris 2.6)では、Open Boot PROM(OBP)の設定を「diag-switch? false」に変更すれば、POST(Power-On Self Test、電源投入時自己診断)モードで起動することはありませんでした。しかし、現在使用中のサーバ(Sun Fire V240、Solaris 10)で同じように設定しても、電源投入時に診断モードで起動してしまいます。これを回避するよい方法はないでしょうか?


80x80_2.jpg

回避することは可能です。また、今回の現象はサーバの種類に依存します。OBPの設定を変更しても診断モードで起動してしまうのは、ALOM(Advanced Lights Out Manager)の機能が働いているからです。ALOMという名称を聞くのははじめてという方もいるかと思いますので、ALOMについて簡単に触れてから設定方法を説明していきましょう。

ALOMとは

 ALOMとは、サーバをリモート管理するシステムコントローラーです。離れた場所からでも、POSTなどの診断を実行できます。また、ハードウェア障害や警告を電子メールで通知させることができます。さらに、ALOMはサーバのスタンバイ電源を使用しているため、サーバの電源がオフの場合でもALOMは動作します。ALOM搭載サーバに限りご質問の現象が発生します。

ALOMでの診断モード回避方法

 ここでは、サーバへ直接シリアルケーブルを接続して設定する方法を紹介しましょう。

シリアルケーブルを接続する

 サーバ背面にある「Serial Mgt Port」(シリアルマネジメントポート)に、サーバ添付のケーブルを接続し、PCなどのコンソール端末上から確認できる状態にします。シリアルポートの設定値は、通信速度9600bps、ノンパリティ/データ8ビット/ストップ1ビットとなります。

ALOMを起動させ、ログインする

 前述したように、ALOMはスタンバイ電源を利用しているため、電源ケーブルをマシンに挿すと通電と同時に起動します。電源ボタンを押す必要はありません。

 ALOMの起動が終わると、コンソール画面に次のメッセージが表示されます。

Please login:

Please Enter password:


 ここで、ユーザーadminでログインします。また初回ログイン時には、設定するパスワードを尋ねられるので、任意のパスワードを設定します。

診断モードをオフにしてサーバを起動させる

ログインが完了するとプロンプトが表示されます。

sc>


 次に、bootmodeコマンドを使って、起動時の設定を変更します(表1)。実行例1のように、診断モードをスキップする設定を行い、設定変更後に設定内容を確認します。その後サーバの電源をオンにすると、診断モードがスキップされて起動します。その際のログが実行例2です。「bootmode skip_diag」と設定したことで、診断モードにならずに起動しているのが分かります。

オプション 機能
bootscript ="string" このオプションを使うことで、NVRAMの設定をALOM上から変更できる。stringの長さは最大64バイト
diag 強制的にPOSTを実行する
normal 標準設定で起動する(デフォルト)
reset_nvram サーバのOBP(Open Boot PROM)/NVRAM設定を出荷時設定にリセットする
skip_diag サーバの診断を強制的にスキップする
表1 bootmodeコマンドのオプション

sc> bootmode skip_diag           ← bootmode設定コマンド
sc> bootmode                     ← bootmode確認コマンド
Bootmode: skip_diag              ← 現在のbootmode
Expires TUE AUG 09 08:34:48 2005 ← 設定有効期限
sc>

実行例1 bootmodeコマンドを使って、起動時の設定を変更

sc> poweron                     ←電源をオンにするコマンド
SC Alert: Host System has Reset
sc> console                     ←ALOMコンソールからシステムコンソールへ変更
Enter #. to return to ALOM.
SC Override: Skip Diagnostics ←診断モードがスキップされたメッセージ Probing system devices Probing memory Probing I/O buses
Sun Fire V240, No Keyboard Copyright 1998-2004 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. OpenBoot 4.16.1, 512 MB memory installed, Serial #xxxxxxxx. Ethernet address 0:3:ba:xx:xx:xx, Host ID: 8xxxxxxx. Boot device: disk File and args:
実行例2 実行例1の設定変更後、マシンを起動した際のログ

bootmodeの注意点

 紹介したbootmodeコマンドには、設定有効期限があります(実行例1)。設定有効期限は10分間となっており、その間にサーバの電源をオンにするか、サーバの再起動を実行しないと、bootmodeがデフォルトの「normal」に戻るようになっています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -