ニュース
» 2008年09月19日 08時35分 UPDATE

Amazon、S3連係のCDNサービスを年内に開始

Amazonが、年内に立ち上げるコンテンツ配信サービスの内容を明かした。最適な場所のサーバからの高速転送が可能となる。

[ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は9月18日、年内にコンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービスを開始する計画を明らかにした。この新サービスを利用することで、企業はエンドユーザーに対し、遅延の発生を最小限に抑えた高速なコンテンツ配信が可能になるという。

 この新サービスでは、APIコール1つで簡単にコンテンツ配信が行えるという。またAmazon S3とのシームレスな統合により、配信コンテンツを冗長的に保管することができる。世界各地にエッジロケーションを持つため、最適な場所からの配信が可能だとしている。

 コンテンツを配信するには、まずそのコンテンツをAmazon S3の「バケット」に保管し、公開状態にする。次にAPIコールでそのバケットを登録する。コールは、Webページやアプリケーションからそのコンテンツを参照する際に使うドメイン名を返してくる。エンドユーザーがそのドメイン名を使ってオブジェクトを要求すると、リクエストが一番近いエッジロケーションへ回されるという仕組みだ。

 この新サービスは、EC2やS3といったほかのAmazonのクラウドサービスと同様、実際に使用した分のみを支払う形式。このため、開発者や企業は最初に掛かるコストを気にせず、手軽に着手できるとしている。料金はまだ発表されていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -