ニュース
» 2008年12月08日 18時10分 公開

モバイル検索、ストリートビュー:Googleの勢いは変わらず――08年のSEM業界

2008年の検索エンジンマーケティング業界におけるトピックをアイレップ総合研究所がまとめた。NTTドコモとの提携によるモバイル検索のシェア拡大や街の画像を閲覧できる「ストリートビュー」の提供など、Googleの動きが注目を集める結果となった。

[ITmedia]

 アイレップSEM総合研究所は12月8日、2008年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界におけるトピックを発表した。モバイル携帯やGoogleマップのサービス「ストリートビュー」など、Googleの動向が注目を集めた。

 2008年1月にNTTドコモと提携したグーグルは、「iMenu検索」サービスの提供を開始し、モバイル検索分野では8割近くのシェアを獲得した。2006年7月にはKDDIと共同で、モバイル検索に本格的に参入している。8月5日には、街の画像をインターネット上で閲覧できるストリートビューを日本でも公開。画期的なサービスとして注目を集める一方で、プライバシーや法律の観点から議論の対象にもなった。

 MicrosoftがYahoo!の買収計画を発表してから、Googleを交えた3社間での駆け引きが続いている。Googleは、Yahoo!と検索広告分野における提携と合意の解消を発表するなど、一進一退の動きが目立つ。アイレップSEM総合研究所は「過去3年の検索シェアの推移を見る限り、世界的にはGoogleが勝つ状況が続きそうだ」と見る。

 同研究所は、目標や予算、キーワードから効果的な入札を自動的に行うリスティング広告の自動入札管理ツールが日本でも勢いを増していることや、ユーザーの閲覧履歴やキーワードを分析して、関連のある広告を表示するヤフーの広告サービス「インタレストマッチ」、中国最大手の検索エンジンBaidu(百度)の日本参入なども取り上げている。

 そのほかのトピックは以下の通り。

検索エンジンマーケティング業界10大ニュース
1 Google、docomoとモバイルネット分野で提携
2 Google、ストリートビューを日本で公開
3 Yahoo! VS Google VS Microsoft の買収巡る争い
4 リスティング広告入札管理ツール元年
5 ヤフー、インタレストマッチ広告
6 中国最大の検索エンジン、日本市場に参入
7 「Web検索」の枠を超えるGoogleとYahoo! - ブレンド検索の拡大
8 検索会社からSEO業界への情報発信、日本でも進む
9 アルゴリズム検索の対抗? ソーシャル検索やセマンティック検索のベンチャー企業相次ぐ
10 高度なキーワード分析ツール登場

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -