ニュース
» 2008年12月17日 15時49分 公開

ホームや改札付近で:東急田園都市線、東横線の全44駅で無線LANが利用可能に

NTTBPは、ポータブルゲーム機や音楽プレーヤー、スマートフォンの普及に伴い、無線LANを使ったインターネット環境が必要になると見越して、東急田園都市線、東横線の全駅に無線LAN設備を設置した。

[ITmedia]

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)は12月16日、東京急行電鉄が運営する田園都市線と東横線の全駅に、公衆無線LAN設備を設置したと発表した。12月19日からホームと改札付近でインターネット環境に接続できるようになる。

 田園都市線/東横線の全44駅で公衆無線LANが使えるようになる。これまでは渋谷駅など16駅で提供していた。無線LANに対応したノートPCや携帯型ゲーム機、音楽プレーヤー、スマートフォンを使ってインターネットに接続すると、エンターテインメント施設や人気の店舗、グルメスポットなどの情報を入手できる。

 利用に当たり、NTTドコモの公衆無線LANサービス「Mzone」もしくは「mopera U/U『公衆無線LAN コース』」の契約が必要となる。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -