ニュース
» 2009年03月12日 15時55分 公開

世界10万カ所のAPで利用可能:アイパス、Windows Mobile 6向け無線LAN接続ソフトを提供

アイパスは企業向けにWindows Mobile 6用無線LAN接続ソフトの日本語版をリリースした。

[ITmedia]

 アイパス ジャパンは3月12日、企業向けのWindows Mobile 6用無線LAN接続ソフトウェア「iPassConnect」の日本語版を公開した。リモートアクセスサービス「iPass Mobile Office」に対応する。

 同製品は、Microsoftの携帯端末向けOSのWindows Mobile 6を搭載したスマートフォンで利用でき、世界10万カ所以上の空港やホテル、レストランなどの公衆無線LANアクセスポイントから企業内システムへ接続できる。

 無線LAN接続サービスなどの契約企業は同ソフトウェアを無料で使用できる。管理者が個々の端末の設定など行えるMobile Device Management機能にも対応する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -