ニュース
» 2009年03月26日 22時27分 公開

BEAの資産:日本オラクル、CやCOBOL開発者向けAPサーバを発表

日本オラクルは、C、C++、COBOL開発者向けアプリケーションサーバの提供を開始したと発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月24日、C、C++、COBOL開発者向けアプリケーションサーバの提供を開始したと発表した。

 提供するのは「Oracle Tuxedo 10g R3」。OracleがBEA Systemsと統合後「Oracle Fusion Middleware」として発表する最初のバージョンとなる。標準規格への対応やほかのOracleのミドルウェア製品との統合を強化している。顧客はSOA(サービス指向アーキテクチャ)への対応も進められる。

 Tuxedoは複数のプラットフォーム、データベース、OSで構成される異機種分散環境で動作する大規模アプリケーションを構築するためのミドルウェア。標準のAPIを使用してC、C++、COBOLで開発されており、商用UNIX、 Windows、Linux上でメインフレーム並みの信頼性や性能で動作するという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -