ニュース
» 2009年05月27日 16時26分 UPDATE

KDDI、リモートアクセス型シンクライアントサービスを試験導入

KDDIは、携帯電話などを認証に使うリモートアクセス型シンクライアントサービス(仮称)の無料試験サービスを9月末まで実施する。

[ITmedia]

 KDDIは5月27日、「リモートアクセス型シンクライアントサービス(仮称)」の試験サービスを5月28日に始めると発表した。9月末まで無償提供する。

 同サービスは、KDDIのデータセンターを経由して企業内の自席PCへ外部からアクセスして、利用する。PCに専用ソフトをインストールし、認証にUSBメモリと携帯電話を使用。多要素認証と通信経路の暗号化を併用することで、なりすましや通信の盗聴を防止する。

kddiratncent.jpg 接続イメージ(クリックで拡大)

 PCへ接続する際には企業内ファイアウォールの既存もしくは空きポートを利用するため、ネットワーク設定を大規模に変更する手間がない。これにより、テレワーク環境を迅速に運用できるとしている。

 試験サービスでは100社程度(1社50IDまで)のモニター企業を募集し、期間中の料金は無償(認証用USBメモリや携帯電話はユーザーが用意)。10月から有償サービスへ移行する予定となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

携帯電話 | 認証


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -