ニュース
» 2009年06月05日 08時33分 UPDATE

米連邦地裁が悪徳ISPに業務停止命令、FTC発表

米連邦取引委員会(FTC)は、マルウェア感染サイトや詐欺サイトなどの運営に加担していた悪徳ISPを閉鎖に追い込んだと発表した。

[ITmedia]

 米連邦取引委員会(FTC)は6月4日、ボットネットやフィッシング詐欺サイトなどの違法コンテンツをホスティングしていた悪徳インターネットサービスプロバイダー(ISP)が、裁判所の命令で閉鎖に追い込まれたと発表した。

 摘発されたのは3FN、APS Telecomなどの名称で業務を展開していた米ISPのPricewert。FTCによると、児童ポルノ、スパイウェア、ウイルス、トロイの木馬などの配布や、フィッシング詐欺サイト、ボットネットのコマンド&コントロールサーバなどのホスティングに加担していた。

 同社は犯罪者同士で連絡を取り合うために開設されたフォーラムなど、インターネットの裏社会で積極的に自社のサービスを宣伝。セキュリティ業界からの閉鎖要求にも従わず、違法コンテンツを別のアドレスに移すなどして摘発を免れていたとされる。

 ボットネットの運営にも関与し、3FNがホスティングしていたコマンド&コントロールサーバでは、パスワードを盗み出すマルウェアなど4500以上の悪質なソフトをホスティングしていたという。

 カリフォルニア州北部地区連邦地裁はFTCの訴えを受けて、Pricewertに対し業務停止の仮処分命令を言い渡し、資産を凍結。同社が利用していたデータセンターなどのサービスも打ち切られた。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -